2015年08月09日

知性に勝る自分磨き無し


今晩は、本日も粛々。


前回の記事の続きで、
海外ブログで多くの女性の共感を集めていた
「全ての女性が25歳までに悟るべき人生の教訓10」というのがありまして、
女性じゃなくとも、
25歳じゃなくとも、
とても共感できた部分がありましたので、2つご紹介いたします。


セクシーは知性から

セクシーで色気のある女性に必要なのは、肌の露出や仕草などの表面的なものではなく、
より内面的なものだと気がつきます。
細いウエストや美脚を手に入れることがセクシーなのではなく、
賢く知的であることが最もセクシーなのだと思うようになります。
一般常識やマナーが身についていて、
精神的にいつも安定していて、
知識と教養のある女性。
本物の「大人のセクシー」を目指し始めるのが25歳です。
(引用 MADAME RIRI)


寺子屋の本業、お寺の仕事をしていると、
おじいちゃん・おばあちゃんと接する機会が多く、そういう人たちと接していると、
知性が何より大事と、心から思います。
特におばあちゃんは、
充分な教育機会が得られなかった時代でしたので、
ご本人のたゆまぬ努力を感じます。

容姿は自然に衰えてゆくもの。
自然と「生き方」しか、身にまとうことができなくなります。

その「生き方」に一番関わるのが知性だと思います。
記事はそれをセクシー、つまり女性らしい魅力に溢れたものととらえていますが、
若い女性だけにあてはまることではありません。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする