2015年07月29日

「当たり前」のレベル


今晩は、本日も粛々。


別冊カドカワで、新日本プロレスを特集した号と、
30周年のTUBEを特集した号がありましたので、買ってきました。
文芸誌でどういう切り口で臨むのか、とても興味がありました。

思ったほどではなかったのですが(笑)、
オカダカズチカ選手のインタビューで面白いくだりがありました。


レインメイカーという技



で勝利したとき、3万円を公益財団法人がんの子どもを守る会に寄付する、
レインメイカー基金を設置したそうです。

「その…あまり話したくないというのが本音なんですね。
 スターが社会に還元していくのは当たり前のことじゃないですか。
 プロ野球選手とか、何も言わずにそういう貢献活動をやっていますよ。報じられることもない。
 なのに、僕が報じられたということは、
『プロレスラーが、こんなことをやった』という珍しさだろうし、
 それだけプロレス側に、こういうことに関する意識が足りないんだなぁって。
 僕が上がっていくことで、そういう意識も上げていければなと思います」


とても分かりますね。
周囲がどうあろうと、自分がレベルを下げずにやっていくしかない、
というのは、
受験でも社会に出てからも、
変わりありません。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする