2015年07月31日

The song remains the same


今晩は、本日も粛々。




レッド・ツェッペリン、1968年デビューのレジェンド。
代表曲の『天国への階段』をどうぞ。

44年前のツェッペリンのライブで広島に来た際、
原爆ドームで資料の説明を聞いて、
ギタリストのジミー・ペイジは、その凄惨さに声をあげて泣いたそうです。
そして、
1971年の広島公演の収益約700万円(当時)を、
広島市役所をとおして被爆者に寄付しています。

ボーカル、ロバート・プラントの当時の言葉

 僕たちが生まれたとき、すでに原爆は落とされていました。
 しかし、誰が悪いということではなく、それはすでに起こってしまったことであり、
 私たちと同じ人間の仲間が起こしたことです。
 私たちには罪はないけれど、
 私たち仲間の“過去”がやったことで、
 そのことに対して、やはり申し訳なさを感じます。

 そして、少しでも自分たちが、苦しんでいる人たちの助けになればと考えたのです。

 音楽は人々に平和と楽しさを与えるものです。
 その音楽をやっている僕たちが、少しでも力になれるなら、実に光栄だと思います。


このプラントの言葉を聞いた時に思ったのは、
アウシュヴィッツ平和博物館の方が語ったと言われている言葉です。

ここは、一人の狂人が起こした出来事ではない。
人間には誰しも、残酷な一面があり、
一歩間違っていたらこういうことを引き起こしてしまうものだ。
私たちはこれから、人類の罪を見るのです。

詳細は忘れましたが、こんなような内容です。

例えば、他国や日本で残酷な犯罪が起こった場合、
あの国は変だ、一部の変な人たちがやったことだ・・・という論調が目立ちますが、
ボタンをひとつかけ間違えていたら、
時代が時代であれば、
自分もそうなっていたかもしれない。
そういう感覚で見てもいいと、私は思います。


さて、そのツェッペリンのジミー・ペイジさん、
終戦70年の節目に、再度日本に来てくれました。

ジミー・ペイジさん 広島原爆慰霊碑に献花

ジミー・ペイジのように、世界の誰もが知っている人ですとなおさらですが、
我々のような、無名の、市井の片隅の人でも、
僅かな行動で、
ある種の人たちにはとても大きな感情を起こしてくれるものだ、
ということを、
憶えておいてほしいと思います。


                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

【お知らせ】高校生国語・附属泉丘の国語基礎編、中3夏期講習日程変更について


8月3日がかほく市の中学校すべて登校日のため、
3日を自習・質問応対に、
2日(日)を夏期講習実施します。

3日に関しては、夏期講習で取り扱った理科の計算問題を、
演習したいなと思っています。

なお、附属泉丘の国語基礎編を受講している生徒で、
欠席予定・欠席がある生徒に関しては、
3日日曜同時間に、実施します。

加えて、高校生の通常授業国語で欠席したことがある生徒は、
同じ18時30分〜20時の時間に来てください。
宜しくお願いします。


                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

「当たり前」のレベル


今晩は、本日も粛々。


別冊カドカワで、新日本プロレスを特集した号と、
30周年のTUBEを特集した号がありましたので、買ってきました。
文芸誌でどういう切り口で臨むのか、とても興味がありました。

思ったほどではなかったのですが(笑)、
オカダカズチカ選手のインタビューで面白いくだりがありました。


レインメイカーという技



で勝利したとき、3万円を公益財団法人がんの子どもを守る会に寄付する、
レインメイカー基金を設置したそうです。

「その…あまり話したくないというのが本音なんですね。
 スターが社会に還元していくのは当たり前のことじゃないですか。
 プロ野球選手とか、何も言わずにそういう貢献活動をやっていますよ。報じられることもない。
 なのに、僕が報じられたということは、
『プロレスラーが、こんなことをやった』という珍しさだろうし、
 それだけプロレス側に、こういうことに関する意識が足りないんだなぁって。
 僕が上がっていくことで、そういう意識も上げていければなと思います」


とても分かりますね。
周囲がどうあろうと、自分がレベルを下げずにやっていくしかない、
というのは、
受験でも社会に出てからも、
変わりありません。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

増席


今晩は、本日も粛々。


増席する学年をお知らせしようと思ったら、
ブログの残席状況を更新し忘れていたことに気が付きました(汗)。

さて、小4と中2が満席になっておりましたが、
この2学年の増席します。

夏期講習明けから、
小4は2席、
中2は4席、
新たに募集します。

中2生はこれ以上の増席はありません。
4席埋まった時点で、高校受験終了まで募集〆切となります。



                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

書籍追加


今晩は、本日も粛々。


夏期講習、前半は緩やかにスタートしています。
様子を見ていますと、
全般的に通常授業の時よりいい雰囲気です。

さて、いくつか書籍が追加されました。

・某11巻(笑)
・東大教師が新入生に勧める本
・松岡正剛『17歳のための世界と日本の見方』『誰も知らない世界と日本の間違い』
・教養のためのブックガイド

附属・泉丘の国語基礎編で用いている文章シリーズ
・芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』
・宮沢賢治『注文の多い料理店』『銀河鉄道の夜』
・太宰治『御伽草子』


ここ1年くらいの個人的なブームは、
外交官とその時代シリーズです。
陸奥宗光・小村寿太郎ときて、今は幣原喜重郎・吉田茂ですね。


                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

可能性と心の余裕


今晩は、本日も粛々。


私自身が生徒と接する時のイメージとして、

いろいろな可能性をばらまく。
そして、それがすぐに結び付かなくても気にしない

という考え方でいます。
一度預かった以上は、なるべく粘り強く面倒見ようとします。
粘り強く見れる自信が無い場合は、最初から引き受けません。
(と、言いますか、たいてい先方がドン引きして来てくれません。笑)
一度引き受けたくせに、
1・2ヶ月で勉強への取り組みの悪さに気付いて放り出すのは、
おそらく指導者に人を見る目が無いのでしょうね。

すぐに結び付かなくても気にしない・・・というスタンスでいますが、
やはり人間ですので、
気持ちに余裕がある時と、
余裕が無い時では辛抱に差が出てしまいます。

何年塾の先生をやっていても、
毎年反省することです。
辛抱しすぎや辛抱しきれずにした反省は、
今の生徒たちを見ていると、脈々と生きていて、
ちょっと救われた感があった、
夏期講習の1日でした^^


                         ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

附属・泉丘・小松高突破模試


今晩は、本日も粛々。


中2生・中3生対象の突破模試、
いよいよ受付開始になりました。

上位高校に合格できれさえすればいいや、という志の低い方には向かない模試だと思います。
その程度の発想の人には、必要性が感じられないでしょうね。

志高く上を目指そうとする人には、
将来同じ高校で席を並べて勉強する人たちと、
脳みそをフル回転させるような問題たちを解いてみて、
力試ししてみてください。

石川県総合模試は入試難易度を想定していますが、
突破模試は、高校入試の問題以上にひねったものも含まれています。
そういう問題を、解けても解けなくてもいいから、
わくわくしながら取り組めるような、
本物の「附属生・泉丘生・小松高生予備軍」のためにある模試です。


附属・泉丘・小松高突破模試公式サイト


あ、寺子屋生は、申込みしなくていいですからね。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

基礎基礎基礎基礎【附属・泉丘の国語】


今晩は、本日も粛々。


たいてい夏期講習の狙いは、基礎です。
高校生も、よっぽどいい成績をマークしている生徒以外は、
基礎中心の指示を出してあります。

基礎といっても、
理科でしたら、記述問題や計算問題、
社会でしたら、資料読み取り問題等も含みます。
基礎無くして応用無しです。

もうひとつ大切な基礎は論理的思考力です。
論理は考える習慣なので、毎日使うことで初めて、回転してきます。
そう考えると、季節講習というのは、絶好のチャンスなのです。

中1・2と高校生は、附属・泉丘の国語基礎編を、
中1・2生は標準編、中3生は標準編と発展編をやる予定です。

基礎編は、小学校レベルの論理的思考力(といっても、泉丘生でもボロボロです^^;)
標準編は、解答の探し方と、記述問題の基本を行います。
20日間で、最高で偏差値20上がりました。
国語だけでですよ?
これは寺子屋がすごいどうこうではなく、
単純にいかに論理的思考力を、鍛えきれていないか?の証左だと思っています。

それにしても爆発的に伸びた生徒には、さまざま原因があるのですが、
保護者の方については、ひとつだけ共通点があります。


★受講直後にすぐ国語の成績が上がるかどうかは、気にしなかった


です。
気にしなかったご家庭ほど、結果が出る。
逆説的なのが、ユニークなところです。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 22:35| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

【お知らせ】附属・泉丘の国語基礎編について


今晩は、本日も粛々。


附属・泉丘の国語基礎編の受講者のうち、
欠席予定者は、毎日曜の同時間に来校してくだされば、
続きをやります。

また、高校生で国語を取っている生徒は、
欠席したり、遅れている分を日曜に進めても構いません。

宜しくお願いします。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

挫折感


今晩は、本日も粛々。


寺子屋本楽寺というのは、
本楽寺というお寺でやっているので、そういう名前です。

お寺と全く関係ないくせに寺子屋と名乗っていたり、
寺小屋とかすかに変えていたりするところには、
少しカチンときていますが、
規模の大きさは、月とすっぽん以上です
(注:四国最大の塾がこういう名前です。
 ちなみに資本金1億、従業員数250名超で完封負けにもほどがありますw)

領収書を発行してもらった時に、
「寺小屋」と書かれると、凹みます。

「てらごや」とか「ほんがくじ」と呼ばれると、
凹みます。


こういうのは、ちょっとしたすれ違いなので、
まだいいのです。


本格的に凹むのが、都会の方でよくあるのですが、
神社の和尚さんって、大変そうですね^^
それは、スタジオジブリのウルトラマンくらい違うってことに気付いて欲しいです。
まだね、カトリックの牧師さんだったら、
ジブリのドラえもんくらいの違いです(少なくとも同じキリスト教=アニメ同士)

坊さんなのにロン毛でいいの?
真宗は有髪OKです。
ってか、ハゲの坊さんしか見たこと無い?

僧職系男子ブーム、テレビや雑誌では伝え聞きますが、
実感したことは一度もありません。

お墓ってこわーいって、夕方にお参りに来た子どもたち。
人の職場に何てこと言うんだ!


一番挫折感を味わうのが、

死んだ親父も「天国」から見守ってくれてると思います。


〇| ̄|_…セメテ、ゴクラクッテイッテクダサイ


そんな夏が、やがてやってきます(遠い目)。



                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする