2015年06月18日

中学生の夏期講習


今晩は、本日も粛々。


国語に重点を置いている講習会って、珍しいと思います。
といいますか、国語を教えている塾自体、あまり聞きません。

附属・泉丘の国語基礎編と応用編です。

中3でもセンター現代文8割は取れる。
10年以上前からの持論でした。
そのノウハウを
『大逆転のセンター英語 マンガでわかる現・古・漢
 あたしが教えるとすぐに国語の成績が上がっちゃうんだからねっ!』
という、とてもふざけたタイトルの本にまとめました(笑)。
実は、中学生の国語の授業で教えている内容を、
センターにあてはめただけのものです。

この国語指導のノウハウ、
今までは、やった子は偏差値10くらい伸び、やってない子は横ばいと、
相場が決まっていました。
しかし5年くらい前から、一生懸命やっているのに伸びない子が、
気にかかるようになってきました。

つまり、指導している理論が難しすぎて、基礎からやり直す必要があったのです。
そこで、
附属・泉丘の国語基礎編と応用編、ふたつのノウハウを、
今までの理論の礎としておきました。

小学生〜中2の間は、基礎編と応用編をしっかりとやっていってもらおうと思っています。


                                   ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 講習会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする