2015年06月11日

体験入学について

409.jpg
寺子屋がひっそり登場している、今月号のクラビズムです。


今晩は本日も粛々。


そろそろ高校の体験入学が始まる頃です。
毎年書いていますが、

体験入学は目的を大切に!

です。

私はもともと、受ける可能性があるところは全部見ましょう^^
という立場だったのですが、
生徒たちの感想を聞いていて、
「校舎がキレイだった・古かった」
「スーパーサイエンススクールで特別な授業をやっていて関心が高くなった」
「進学に力を入れていた」
「駅から遠くて疲れた」
「こんな行事があって楽しそうだった」
「制服が可愛かった」
・・・こんなのが8割がたです。
それなら行かなくても良かったのでは?と思います。

一方、目的をきっちり持っている生徒の感想は、ひと味違います。
「部活動も一生懸命やろうと思っていたけど、思ったより大変そうで不安になった」
「考えていたような大学に行くには、
その高校でもかなり上に行かなくてはいけないことが分かって、気合が入った」
「思っていた以上に進学より、生活や部活動の話が多くて、行きたくなくなった」
プラスかマイナスかさておいて、
こりゃ、行った価値があったなと、どんな人にも分かります。

例えば、第1志望の高校。
・どんなに成績が足りなくても、受けるつもり → 行かなくていいです
・入学してからのことを全然知らない → 気になる点を明らかにして、見に行くべき
・普段勉強していて気合が続かないから見ておきたい
 → 気合が続かないのは「志望校」ではないのでは?行く行かない以前に

例えば、第2志望以下
・どんなケースになっても私立が第1志望にならない → 行く必要ありません
(私立を星稜以外可能性がある場合は、秋にも体験入学があります)
・第2志望以下の高校にいい印象が無い → 見てから考えるべきです

今のところ志望校に入っていない高校
・友達(彼氏・彼女)に誘われた → 行ってはいけません
 といいますか、誘った人は本当に友達(恋人)と呼べる関係なのですか?と言いたくなる
・親や先生から受験を勧められているが、自分は乗り気ではない
 → 見てから決めてもいいと思います

そういうふうに考えると、
普通は、0〜1校
多くて、2〜3校くらいになるのではないかと思います。
見るべき目的を明らかにしていれば、何にも得難い価値がある見学ですが、
目的が無いのであれば、勉強している方がはるかに近道になります。
むやみやたらに見学に行くのは、オススメできません。

逆に、無目的でも価値があるのは、非受験学年です。
高校1年生や高校2年生は、
大学のオープンキャンパスに行ってみてもいいと思います。
中1・中2には、
高校の学園祭に行ってみたら?と言うことが多いです。



                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする