2015年06月06日

灘→東大理Vの3兄弟を育てた母の秀才の育て方


今晩は、本日も粛々。


表題の書籍を読んだのですが、
面白くて一気に読めました。
ご家庭での教育方針までは、判断が付きませんが、
勉強に関する考え方は、多くの場面で驚くほど、寺子屋と一致していました。

寺子屋がまだ徹底しきれていない部分や、
地方の公立中学レベルの子にはもう数ステップふまなくてはいけない部分もありましたが、
総じて、
方向性が一致していたのは、深く納得しました。
ウチから灘高校合格が出るはずです。

そんなことより、
お問い合わせの保護者の方や、今通っている保護者の方に伺っていると、
結構お読みになられている方、多いですね。
教育は千差万別ですので、
必ずしもこの書籍のご家庭での方法がすべてのお子さんに当てはまるとは限らないですし、
このご家庭だからこそできたこと(大都市隣接・高所得・専業主婦など)もあります。
そのままあてはめるのではなく、
参考にできるところを探すという意味では、
とてもいい本でした。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする