2015年06月03日

心をのっける

409.jpg
寺子屋が載ってる今月号のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

ボカロとかPurfumeとか、デジタルな音ざわりがひとつの主流を形成してきました。
CDのセールスも、AKB関連・ジャニーズ関連が大半。
彼らはTVでもライブでも口パクがほとんど。
新しい可能性にワクワクする反面、
寂しい気持ちも、抑えられなくなってきます。

歌は気持ちを乗っけて、
場合によっては溢れる気持ちをぐっと、敢えて抑えて、
アーティストと自分の、
心の振動を楽しむものなのではなかったのか?と。

そういう違和感は、
例えば授業で、心を精一杯詰め込んで話をしているのに、
響いていないようなリアクションだったり、
気持ちをどっしり込めてお経を唱えていても、
おばあちゃんの後ろでDSに夢中になっている子どもを振り向かせられなかったり、
なんぼ「先生の話が好きです、授業が分かりやすい」という感想をくれる生徒がいたり、
「お経上手いですね」とおじいちゃん・おばあちゃんに言ってもらえたりしても、
ありがとうと言いながら、

私の気持ちのこめかたと、伝える技術が足りないから、
納得がいかないんだ、もっといろんな人の心が動かないんだという、
苦い気持ちと重なって、
年々大きくなっていました。

2年ほど前に、プロレス好きな私の心をがっしり掴んだ動画がありました。
当時の記事
棚橋選手自体はあまり好きではないのですが、
BGMの素晴らしい歌声とともに、時折聞いていました。
その歌手が、最近話題みたいですね。
CDも無名のシンガーだったにも関わらず、10万枚売れたそうで、
ふっと心が軽くなりました。

棚橋選手もベビーフェイス(プロレスでヒーロー役、反対の悪役はヒール)で、
GILLEさんもポジティブなメッセージを伝えるタイプのシンガーです。
私は根暗ですので、こういうのは得意ではありません。
むしろ、
「母さん、俺たった今人を殺してしまったんだよ・・・」や、
「別に人生がつまらないわけじゃない。岬のレストランで海を眺めていたい」といった、
鬱々としたトーンの歌詞が好きです(笑)。
ですが、GILLEさんの歌は、


苦しい時ほど笑っていようよ


という心持ちが伝わる声だなと、勝手に想像していました。
同じポジティブなメッセージを発している歌手・バンドでも、
生き方が薄っぺらい人の歌声は、
聞いていて癪に障るものなのですがね。

たまたま、youtubeをまわしっぱなしにして仕事をしていたら、
彼女の曲がかかって、



なぜ歌うのかというルーツを知ることができました。
こういう古風な歌い方でも、スマッシュヒットくらい売れるなんて、
まだまだ捨てたもんじゃないと、
ふと思わされちゃいました。

そして何よりね、
ショートヘアーの美人、
好きなんですよね(笑)。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする