2015年06月10日

一流の理系は国語が得意なもの【附属・泉丘の国語8】

409.jpg
寺子屋がひっそりと載っているクラビズムです。
低学年3月開講でしたが、もう残り1席になってしまいました。


今晩は、本日も粛々。

http://honrakuji.seesaa.net/article/417901392.html(前回の記事)
えらく長く間が空いてしまいました。

前職の塾で、泉丘高校に合格した生徒と不合格だった生徒は、
どの科目で差が付いたのか?をいろんなテストで追跡して調べたことがあります。
面白いことに圧倒的に国語で差がついていました。
中学校時点で、国語が苦手な理系は泉丘アウト!
泉丘って理系の子が多いイメージですが、国語もしっかりできるんですね。
確かに泉丘の理系上位層は、センター国語で8割・9割くらいは、ほいほいとってきます。

つまり、国語が苦手な理系は二流ということです。

いろんな数学の学者さん、
例えばピーター・フランクル氏や秋山仁氏、広中平祐氏などの本を読んでいても、
数学の意義は「論理的思考力をつけること」と判を押したように言っています。
論理的思考力は、国語でも大事と言いました。

数学と国語は、
同じ目標を異なるルートから登っているイメージと言えば、よいでしょうか。
数学が好きな生徒のうち、

計算は好きだけど文章題はダメ。
証明が苦手
途中計算を書くのを極度に嫌がる

こういう生徒は、数学の登り方で言うと、寄り道の部分にハマっている生徒です。
王道に向かうタイミングを見計らっておく必要がありますね。

国語が得意ならば数学も得意
数学が得意ならば国語も得意

・・・というのが普通の状態であるはずなのに、
その逆の認識が、一般的だと思います。
国語においては、論理を意識した指導ができているかどうか。
数学においては、論理まで登り切っていない。
という状態だと、私は勝手に考えています。

国語に関しては、
論理を意識した指導を小学校レベルまで戻ると、
飛躍的に国語が上昇するということが起こり得ます。

しかし、それにはポイントがあります。
少しでもいいから必ず毎日やることです。
ですから、夏期講習や冬期講習のような機会は、最適なのです。



                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

インド仏教界の頂点に立つ日本人

409.jpg
寺子屋がひっそり載っている、今月号のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

「インドは仏教が生まれて、死んだ場所」とはよく言われていますが、
実は、現在でもしっかり生きていて、
不可触民と呼ばれた、カーストにおける最下層の人たちを中心に、
今や1億人にのぼります。
しかもその頂点には、日本人の佐々井秀嶺(ささい・しゅうれい)氏が立っています。

何年か前にその話を聞いて、
光文社新書『破天〜インド仏教の頂点に立つ日本人』山際素男著
を読みました。

書いた人が、山際素男さんですよ、やまぎわ・もとおさん。
インド研究の草分け的な存在で、
マハーバーラタの翻訳や、チベット仏教の紹介で名を馳せた方です。
(2009年に亡くなっています)
私が最初にチベットに憧れたのは、
山際素男さんが翻訳した『ダライラマ自伝』を高校の時に読んだのが最初です。

あ、きっかけはもっと単純ですが(笑)。

さて、その佐々井秀嶺氏が、50年ぶりでしょうか。
日本に来られるそうで、
高野山大学で講演を行うそうです。
おお、アンベードガル博士も!


・・・佐々井氏も満80歳。


・・・しかも日曜日(つまり行けなくもない)。


・・・しかし、土曜夜から高校生を集めてミーティングを始めようと企画している最中。


・・・石川県から9時半に高野山に到着するのは不可能そう。


・・・車は母親が使うので、電車で行かざるを得ない。


・・・土曜の夕方の授業終わってから出発すれば充分間に合う。


・・・高校生たち、来週からでいいですか?^^;


・・・行ってみてもいいですか?


・・・ちゃんと鬱陶しいほど、お土産話をしますから!


・・・あ、いらないって?^^;


んー、明日みんなに聞いてみよう。。。



                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

【お知らせ】第1回保護者会について


寺子屋保護者の皆様


恒例の保護者会の日程を決めましたのでお知らせいたします。
小4以上の保護者の皆様対象に、実施いたします。
低学年の方はいずれ、座談会形式での保護者会を実施しようと思います。

中2以下の保護者会
6月27日(土)13時〜15時
6月28日(日)14時〜16時
のふたつの時間をご用意しております。
このふたつでご都合悪い方がおいでましたら、27日(土)の夜を検討しております。
出欠確認の時にお知らせください。

中3保護者会は、生徒・保護者同伴出席が基本です。
6月28日(日)19時〜21時

内容は恒例の、公立高校入試分析です。
中2以下では、入試の変化から、中学校・小学校で求められる学力の変化について、
重点的にお話しいたします。
長いご家庭では、寺子屋開校初年度から在籍しているご家庭がありますが、
わずか6年の間でも、びっくりするくらい変わっているそうです。
まして、お家の方が小中学校の頃から考えると・・・ですね^^

また1週間前くらいになりましたら、出欠確認のメールをお送りしますので、
出欠のお返事はその時分にお願いします。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

中3の残席について

409.jpg
寺子屋が載っている今月号のクラビズムです。
しばらくしたらチラシも入ります^^


今晩は、本日も粛々。

中3生のお問い合わせで質問をいただきましたので、
お答えします。

現在、残り2名ほどで満席(増席不可能)です。
6月いっぱいまで、一般のお問い合わせを受け付けております。
塾生・保護者のご紹介でしたら、夏期講習前までです。
それ以降の入塾は、ほぼ100%不可能だとお考えください。
5年間で来校いただいて、お話しを伺ったのは2名。
1名はお断り申し上げ、
もう1名は、保護者と生徒の熱意に絆され、喜んでお引き受けしました。
それ以外の、20件ほどはお電話の時点ですべてお断りいたしました。

最近、泉丘に合格していく生徒でも、国語が不得意な生徒が目立ち、
本人・教える側双方から、入学後悲鳴を伝え聞いております。
ですのでボランティア的な気持ちで、
9月以降、
「附属・泉丘の国語」と題して、
国語のみの受講が可能なように、検討しております。
が、通常受講している生徒と比べ、大きく制限がかかると思います。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

灘→東大理Vの3兄弟を育てた母の秀才の育て方


今晩は、本日も粛々。


表題の書籍を読んだのですが、
面白くて一気に読めました。
ご家庭での教育方針までは、判断が付きませんが、
勉強に関する考え方は、多くの場面で驚くほど、寺子屋と一致していました。

寺子屋がまだ徹底しきれていない部分や、
地方の公立中学レベルの子にはもう数ステップふまなくてはいけない部分もありましたが、
総じて、
方向性が一致していたのは、深く納得しました。
ウチから灘高校合格が出るはずです。

そんなことより、
お問い合わせの保護者の方や、今通っている保護者の方に伺っていると、
結構お読みになられている方、多いですね。
教育は千差万別ですので、
必ずしもこの書籍のご家庭での方法がすべてのお子さんに当てはまるとは限らないですし、
このご家庭だからこそできたこと(大都市隣接・高所得・専業主婦など)もあります。
そのままあてはめるのではなく、
参考にできるところを探すという意味では、
とてもいい本でした。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

中3の授業でした話


今晩は、本日も粛々。


カレンダーの上に、折り紙やビーズで作った長い数珠状の飾りがありますが、
これは門徒さんのお婆ちゃんが、リハビリで作ったものをいただいたので、
置いてあります。

そのお婆ちゃんが本日(※お話しした当時)亡くなりました。
天寿を全うしたと言ってもいいくらいの年齢でしたから、
悲しむより、
よく頑張ったねと思うべきなのですが、
なかなか簡単にそうは思えないのも、
またひとつ、人の感情というものです。

私は枕経に行くと、
必ずご遺体のお顔を拝見するようにしています。
それで思うのですが、
お年寄りほど、
穏やかで、かすかに微笑んでいるようなお顔が、
結構な頻度であるんです。

私も含めて、君たちは、
普通「死は怖いもの」と感じていると思います。
それはおそらく、
まだしたいことができていない、
まだ全力で生きた自信が無いからでしょう。

ですが、
おじいちゃんおばあちゃんたちのお顔を見ていると、
ひょっとしたら、
あながち怖いものではないかもしれません。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

権利の上に眠るな

409.jpg
寺子屋が出ている、現在発売中のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

衆議院で、選挙権が得られる年齢が満18歳に引き下げられる法案が、
全会一致で可決されました。
17日に参議院を通る見通しなので、
来年2016年の参議院選挙から投票できます。

つまり、現高3生全員と、現高2生のうち1998年生まれの人が、
投票を行えるようになります。
憲法改正国民投票については、昨年すでに満18歳に引き下げられており、
国政選挙
地方選挙
最高裁判所裁判官の国民審査
地方自治体の首長の解職や議会の解散の請求(リコール)を受けて行われる住民投票
が行えるようになります。

学習指導要領の改訂が2018年からですので、
小中学校・高等学校で指導の在り方との間に、ギャップが生じてしまいますが、
個人的には、いい方向性だと思います。

新しく選挙権を得た、若年層より、
もうすでに選挙権を持っている人たちに言いたい。


権利の上に眠るな


私も選挙権を持つ身として、
事前の情報収集・分析・自分の立場を決める。
これをよりしっかりやっていこうと思います。

あ、寺子屋文庫の中にちゃんと
憲法
政治のしくみ
選挙のしくみ
があります。池上彰さんが書いた本なので、
読みやすいと思いますよ。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

心をのっける

409.jpg
寺子屋が載ってる今月号のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

ボカロとかPurfumeとか、デジタルな音ざわりがひとつの主流を形成してきました。
CDのセールスも、AKB関連・ジャニーズ関連が大半。
彼らはTVでもライブでも口パクがほとんど。
新しい可能性にワクワクする反面、
寂しい気持ちも、抑えられなくなってきます。

歌は気持ちを乗っけて、
場合によっては溢れる気持ちをぐっと、敢えて抑えて、
アーティストと自分の、
心の振動を楽しむものなのではなかったのか?と。

そういう違和感は、
例えば授業で、心を精一杯詰め込んで話をしているのに、
響いていないようなリアクションだったり、
気持ちをどっしり込めてお経を唱えていても、
おばあちゃんの後ろでDSに夢中になっている子どもを振り向かせられなかったり、
なんぼ「先生の話が好きです、授業が分かりやすい」という感想をくれる生徒がいたり、
「お経上手いですね」とおじいちゃん・おばあちゃんに言ってもらえたりしても、
ありがとうと言いながら、

私の気持ちのこめかたと、伝える技術が足りないから、
納得がいかないんだ、もっといろんな人の心が動かないんだという、
苦い気持ちと重なって、
年々大きくなっていました。

2年ほど前に、プロレス好きな私の心をがっしり掴んだ動画がありました。
当時の記事
棚橋選手自体はあまり好きではないのですが、
BGMの素晴らしい歌声とともに、時折聞いていました。
その歌手が、最近話題みたいですね。
CDも無名のシンガーだったにも関わらず、10万枚売れたそうで、
ふっと心が軽くなりました。

棚橋選手もベビーフェイス(プロレスでヒーロー役、反対の悪役はヒール)で、
GILLEさんもポジティブなメッセージを伝えるタイプのシンガーです。
私は根暗ですので、こういうのは得意ではありません。
むしろ、
「母さん、俺たった今人を殺してしまったんだよ・・・」や、
「別に人生がつまらないわけじゃない。岬のレストランで海を眺めていたい」といった、
鬱々としたトーンの歌詞が好きです(笑)。
ですが、GILLEさんの歌は、


苦しい時ほど笑っていようよ


という心持ちが伝わる声だなと、勝手に想像していました。
同じポジティブなメッセージを発している歌手・バンドでも、
生き方が薄っぺらい人の歌声は、
聞いていて癪に障るものなのですがね。

たまたま、youtubeをまわしっぱなしにして仕事をしていたら、
彼女の曲がかかって、



なぜ歌うのかというルーツを知ることができました。
こういう古風な歌い方でも、スマッシュヒットくらい売れるなんて、
まだまだ捨てたもんじゃないと、
ふと思わされちゃいました。

そして何よりね、
ショートヘアーの美人、
好きなんですよね(笑)。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

中3のお問い合わせについて

409.jpg
寺子屋がひっそりと登場している、今月のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

毎年恒例なのですが、
中3の入塾について、寺子屋では、6月いっぱいまでです。

部活動が終わってからちょっと一息ついて、
お尻に火が付いてからようやく頑張るという生徒は、
上位高に行くべきではないと考えています。

加えて、
中学の学習量の約5倍と言われる、高校内容の考え方だけでも、
高校入試でやる気が高まっている時期に、
少しでも仕込んでおきたい寺子屋としては、
この時期が限界なのです。

本気で附属泉丘を目指したい生徒のみ、
お待ちしております。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

高校生の授業【お知らせ】


今晩は、本日も粛々。


6月から高校生の授業を行いますと、
高校生たちに宣言していました。

国語を、私が空いている時間に実施します。
これは全員必修としたかったのですが、私が空いているところが
限られてしまっていますので、
月曜日1名・・・既にいます。
火曜日1名
水曜日5〜6名
金曜日1名
が限界です^^;

あとおそらく土曜日に、高校生全員集合の日を作ろうと思っています。
こちらをご連絡しようと思っているのですが、
新高1生から連絡用メールアドレスの回収待ち中でございます。
おそらく今週中にはご連絡できると思います。

宜しくお願いします。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする