2015年05月11日

授業中にしている話


今晩は、本日も粛々。


GWに新宿で、たて続けに2日間、英語圏の人と話す機会がありまして、
衰えを顕著に感じつつ、話してきました(笑)。
その時に感じたことが3点。

まず、
ほとんどの日本人は、単語でしか話せないのに、お前は文章で話せるんだな。
と言われ、それは褒められているのだろうか・・・と戸惑いつつ、

寺子屋で推奨している英語の勉強法のひとつが、
活きるなんてありがたい話でした。


ふたつめ、
英語を話せるか?より大事なのは、やはり「英語で何を話すか?」でした。
よく「日常会話も話せない英語教育なんてダメ」なんて言われますが、
日常会話が最も難しいと思います。
何かしらの専門でしたら、使われる単語がある程度限られますが、
今回会話していた内容は、

・日本のウイスキーの質が高い
・最近転売目的で高値で落札されることが多く、全体的に高騰している
・日本らしさを感じる観光地を紹介する
・日本とイギリスの社会保障制度について
などなど

トピックにきちんとオチをつけることができた時のリアクションといったら、
面白いですね。


みっつめは、
会話の基本は、英語ではなく、ハートです。
単語を知らなくて恥ずかしい、綺麗な英語がしゃべれなくて怖い・・・なんて気持ちだと、
どれだけ英語力があっても、不快感しか与えられません。
単語しか話せなかったり、単語が出なくて身振り手振りだったりしても、
「ちゃんと伝えたい」という気持ちが根っこにあれば、
誰もバカにせずに、一生懸命聞いてくれます。


英語で気持ちをやり取りするのは、
楽しいですね^^



                                ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする