2015年05月31日

正しい道順

409.jpg
寺子屋がひっそり載っている今月号のクラビズムです。
どこかでお見かけしたらほっこりしてください。


今晩は、本日も粛々。

コメントで「田舎の公立高校の進路指導は偏りがあって・・・」という話がありました。
裏事情も含めて、よく存じております。

・旧帝大至上主義
・国公立至上主義、つまり私大=根性無し扱い
・地元至上主義

なかには「大方の保護者のニーズがそうだから」という、事情も含めてです。
理系はあながち間違いでもないのですが、
それにしても上(大学院)勝負ですからねぇ。

中学校の時に頑張らずに中堅公立高校に行っておいて、
大学は是非とも国公立に!なんて、
その場しのぎ、帳尻合わせの大学受験は、
寺子屋では行いません。

社会科学・自然科学・人文科学の関心領域に、少しでも踏み込み、
受験勉強と学問(大学で勉強する内容)と生活世界を、
少しでも有機的に結び付けることをイメージしています。

そう考えると、
小学校・中学校のうちに、勉強のしかたと高校で習う内容について、
考え方だけでも触れておく機会が、どうしても必要になります。
そうでないと、ただでさえ有利な中高一貫校、
2020年のあとは、いっそう差が開いていきます。
→参考 2015年修正合格率ランキング
Business Journal

小学校・中学校の時はのんびりと、
上位校に受験対策のみで入り、
高校生になってから着実に点取りマシーン。
大学受験を考えると王道でも、
大学進学を考えると邪道だと思います。

小学校ではいろんな学問の発想を、具体的体験として学び、
中学校で勉強のやり方を身に付ける+高校内容を考え方だけ少し知る
高校のボリューミーな内容をダイエットしてあるので、
進路選びや学問的な興味関心に少し時間を割く。
そうなると、必ずしも偏差値どおりの大学選びにならない。
こういう道順を辿りたいものです。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

おされ居酒屋と3人のおっさん

409.jpg
プチクラというコーナーに登場しているのですが、
石川県内の名だたる幼稚園と並んでいるあたり、
実はかなり緊張しています^^;


今晩は、本日も粛々。

76(ナナロク)世代という、1976年生まれは、
大学に入学したころにネットが普及
独立に前向き
20代に景気のどん底を味わっているのでバイタリティがある
世代らしいです。

石川県のナナロク世代の、
要はおっさん3人で集まって、わいのわいのやってきました。
しかも、
女性率・カップル率が異様に高い居酒屋さんで、
見た目が普通なのが一人だけ(笑)。

業種もバラバラですが、
妙にウマが合う3人で話をしていると、
インスパイア受ける量が尋常じゃないですね。

目いっぱい刺激をもらって、
また新しいアイディアも湧いてきました。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

偏差値70以上塾長クラス

409.jpg
寺子屋がひっそり登場しているクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

ブログ上に書いていませんが、偏差値70以上限定個別指導は、
現在満席です。
あと1席でしたら何とかなるかもですが、
お問い合わせがあったなかで、
このコースでないと対応できないと判断した子以外は、
ご案内できません。

そうですね、附属泉丘小松高突破模試で、
300点台後半くらいある生徒が、
キツいといいながらも楽しい。。。というイメージです。

志望校は、附属・泉丘で充分です。
他県を受験したい場合でしたら、開成・灘くらいまでなら何とかなります。
ただし、保護者・生徒双方が県外受験に前向きでない場合は、
受験を勧めません。

こういう変な授業もありますよ。。。ということだけ。


                                  ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

民族


409.jpg
寺子屋が載っている、
現在発売中のクラビズムです。


今晩は、本日も粛々。

ロヒンギャ

人身売買の果てに大量死体遺棄・・・というニュースが出るまで
知らなかった(汗)

ロヒンギャが民族名なのか組織名なのか、成立が不明ということもあってか、
スー・チー氏にさえ顧みられないらしい。
どういう要因(原因や理由ではない)でミャンマーにおいて迫害されているのか、
知りたくなってきました。

悪名高いアパルトヘイトという人種隔離政策は、
治安維持に絶大な効果を発揮していたという要因も確かに存在していたわけですから。
(もちろん有色人種の生活・教育レベルを低いままに止めようとする内容も多かったので、
純粋に有色人種が治安を乱していたとは、論理的に当てはまらないが、
 幸か不幸か、人間は論理だけで動くわけではない)

調べてみると、ミャンマーだけで民族は100ほど。
紛争地域の民族の定義を、日本にあてはめてみると、同じくらいの数になるのでは?
と思ってしまいます。
能登の真宗の人々と、北海道のクリスチャン、九州の禅宗を
「同じ民族」とくくるのは無理がありそうなのに、
一応日本人として、何とか一緒にやっている。
考えてみればすごい事ですね。

日本人としての誇りというとき、
その強固な部分と、脆弱な部分、両方を見つめて、
はじめて誇りとしたいですね。


                                 ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

旧帝大合格

409.jpg
現在発売中のクラビズムです。
年に1・2度くらいひっそりと登場しているだけなのですが、
「しょっちゅう出てますね」と言われることが多いです。
さすが有名雑誌^^;


今晩は、本日も粛々。

さて、寺子屋がかほく市にひっそりと誕生して、
1期生が去年、今年は2期生の大学受験で、早くも旧帝大合格が出ました。
東北大経済学部です。

高校受験で勉強のやり方をきっちり身に付けてもらい、
大学入試は、適度なタイミングでやるべきことを指示して、
あとは大学に行っても大丈夫な基礎教養を伝える。
これが、寺子屋の大学入試のイメージです。
ですから、高校からの入塾はお断りしています。
今まで20名以上断りました。

今年合格した、東北大・神戸大・早稲田大の生徒たちに、
それぞれに深い思い入れはあるのですが、
私自身は、合格した大学は正直どうでもいいのです。
普通に寺子屋生として勉強していれば、
金沢大より上〜帝大クラス、
難関私立(早慶上智ICU理科大)あたりは特に心配していません。
あ、言いすぎました。
少しだけ緊張します(笑)。

そんなことより、
帝大生としてふさわしい、意識や勉強の姿勢を身に付けて、
進学して行ってくれたのが、一番嬉しいのです。

1期生の金大(法)・獨協大(英文)・石川県立大に進学した生徒もそうですが、
入学後、教授陣から「良い方の部類の学生」と評価されるだろうなぁ、
という生徒に育ってくれました。

今年、高校入試も、
受験生の過半数が泉丘に合格していきましたが、
合格したことが嬉しいより、
泉丘生としてふさわしい姿勢を身に付けた上で合格してくれたことが、
何より嬉しいです。

2020年の教育改革が、
ちょうどそのような方向に流れているので、
寺子屋としては、
独立前から予想していたことです。
喜ばしいです。


                             ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

KYといえば、空気じゃなくてワカマツ

409.jpg
現在発売中のクラビズムです。
気合入れてストーンズのベロTシャツを着たのに、
ジャケットで隠れてしまいました。


今晩は、本日も粛々。

スーパー・ストロング・マシンって、直訳すると、めっちゃ強い機械ですが、
なぜ小学校の時にはあんなにカッコよく聞こえたのでしょうか。

先日、お子さん三人が灘中学から東大に入ったという、
お母さんの勉強としつけのコツ・・・みたいな本を読みました。
子育て論みたいな部分は、共感できない部分もあるのですが、
勉強方法については、寺子屋がよく言っていることがとても多かったです。
ちょっと自信をもらった反面、
もっと徹底できるようにしていかないと、と反省しました。

高校生用の参考書に続いて、
小学生・中学生用の図鑑のたぐいもたくさん入荷しました。
勉強の合間にどうぞ^^


                                    ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

自立について&リトアニアで輝く日本人


今晩は、本日も粛々。


今日は中3から社会が分からないとの「珍しく」リクエストがあったので、
近現代の流れを一部やりました。
最近読んだ本で、

自立は、
子どもが誰かに助けてほしいときにきちんと声をあげられるようになること。
してもらったことに「ありがとう」と言え、
自分もすぐに手を差し伸べられる。
つまり、「持ちつ持たれつ」を分かっていること。

と書いてあって、痛い思いをしました。
きちんと声をあげられないということは、
私はまだ、寺子屋の子たちを自立まで促せていないわけですね。
反省です。

さて、杉原千畝という外交官をご存知でしょうか?
第二次世界大戦中に、ユダヤ人難民を6000人、外務省訓令に背いて出国させた、
外交官です。
映画化されるようで、その名誉回復に尽力したのが、
鈴木宗男議員だそうです。

名誉回復に44年間かかった「日本のシンドラー」杉原千畝
復権に貢献した鈴木宗男氏が戦後70年だから語る真実


昨年、陸奥宗光という外交官が妙に気になって調べて以来、
新渡戸稲造、杉原千畝と、たて続けに外交分野で活躍した人が
気になっています。

高校時代に奥様の杉原幸子さんが書かれた、
6000人の命のビザを、英語か日本語か忘れましたが、読みました。
経緯が気になって、奥様が書かれた回顧録を注文しました。

んー、読みたい本ばかりが貯まっていく。
いっそ授業をやs(ry・・・


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

目黒寄生虫舘


今日は、本日も粛々。


寄り道したかった場所は、
世界で唯一の寄生虫博物館、
目黒寄生虫舘です。

かなりマニアックなスポットなので、
落合野球記念舘の時のように、客は私一人(笑)を予想していたのですが、
常時10人前後はいました。
おそるべし。
しかも、女性率高し。

子ども連れのお父さんが素晴らしく、子どもが
「これ知ってる(^^)」なんて発言したら、
「どんなこと知ってるの?」
「お父さん(パパと呼ばせてないのも好印象)知らないから教えて」
と説明の促しかたが上手。
さらに主語が変わったのに省略したら、
「〜〜のこと?」と補いながら、聞いていました。

賢い子には、
保護者のこういった小さな努力の積み重ねが、背後に必ずあるものですね。

それにしても、9メートル弱の回虫の標本は、
ハートにずしんときました。
しかも、中にいても自覚症状は無しってね(^^;

なかなか面白い場所でした。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

卒業記念


今晩は、本日も粛々。


大学卒業15周年記念パーティーがあるそうで、
東京に来ています。

政治学科らしく、安部政権の評価みたいな話から、
近況やらをわいのわいのと、5・6時間ほど、
お互いの変化と、変わらない部分を、それぞれの中で確認しつつ、
楽しい時間が過ぎていきます。
15年前は、明日はどっちだ?なんて語らっていた私たちが、ね(笑)
たまにはこういうのもいいもんです。

さ、明日はちょいと寄りたかったところに訪れて、
テスト前の質問応対です。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

クラビズム6月号


今晩は、本日も粛々。


発売中のクラビズムに、
プチクラビズムという、乳幼児をお持ちの世代対象のコーナーがあるのですが、

409.jpg

子どもの成長を支えるスペシャリストたち
のコーナーに、寺子屋が載っています。
しかも、一番先頭^^;
低学年のお知らせを掲載してもらいました。


                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 低学年用の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする