2015年04月02日

つながった2つの疑問符【附属泉丘の国語3】


今晩は、本日も粛々。



会話力や語彙力に勝るはずなのに、外国人留学生に劣る国語、

一生懸命頑張っているのに、ある時ぱたっと成績上昇が止まる。



この2つの事象が、ぱたっとつながる場面に、授業中出くわしました。

地頭をよくする(以下略)を初めて実施した夏期講習、

こんな場面に出くわしました。

しかも多数。



とあるパズルを解いてもらっていたのですが、

例題があって、あれこれ試行錯誤してもらい、

いざパズルのコツみたいな部分を解説してあるページです。


ほら、例えば数独でしたら、

まず数字が多く埋まっているところから検討し、

横を見て、使われている数字を消去・・・みたいなある程度の手順について、

解説する場所です。



ここの日本語や図が理解できずに、ずっと固まっている生徒が、

多数いました。

そんなに成績が悪い子ばかりではありません。

学年10位前後や、学年トップ10に入っている子たちにも

大勢。



一方、成績に関わらず、すっと理解して、

集中して取り組んでいる生徒もいます。

たいてい、

あの子は頑張ればもっと伸びるのに。。。

と思う子たちでした(笑)。



ここではたと気が付いたわけです。

この子たちは、まず日本語が読めていないのだ、と。



日本人をつかまえて何を言うんだ!なんて、仰らないでください。

私は「日本語が理解できていない」とは言っていません。

日本語が「読めて」いないと言ったのです。



ここで大きな2つの疑問がつながりました。

ある種の生徒は、

勉強していく上で、日本語を読みこなす能力の部分を、スキップして、

成長してきているのだと。



そこでひとつ思い出したのが、

母校で私が入試を受ける代から行われた、入試形式です。

90分の講義を受験生が聞いて、

内容をまとめる・・・という形式の入試です。

大学1年の時に教わった先生が、提案された入試だったそうですが、

確かにその入試形式で合格してきた生徒は、

同学年の中でも考える力に優れた人たちが多かったという

印象です。



しかしこれではまだ、掘り下げ方が足りません。

日本語が「読めて」いないとは、

一体何が出来ていないということなのでしょうか?

課題点が明らかにならないと、対処法が見つかりません。

同じく、地頭をよくする(略)を初導入していた時に、

示唆的な事例がありました。



つづく



                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする