2015年04月10日

頑張りたい子のための塾


今晩は、本日も粛々。



やる気が無い子に、何とか頑張ってもらいます^^

そういう塾が多いです。

まったくもって、大賛成です。



しかし寺子屋は、

やる気が無い、勉強が嫌いだ、そういう前提にあまり立ちません。

もっと頑張りたいけど、学校では勉強を真剣に考えている生徒が少ない。

勉強をもっと好きになりたい。

そういう子たちのための塾もあっていいんじゃないかと思います。



成績上げてナンボ、合格させてナンボ。

それも塾の使命として大事です。

その点「しか」見えない生徒や保護者のための塾もあると思いますので、

どうぞそういう塾に行ってください。



私は成績アップや、志望校合格という事柄をとおして、

学問の面白さへの気付きや、知的好奇心がむくむくと湧き上がってくる。

これが楽しくて塾をやっています。

おかげさまで、お問い合わせいただく方と面談していて、

一番要望として伺うのは、


勉強の奥深さを、子どもに伝えてあげてほしい。

勉強って楽しいものだってことを、教えてくれそうな塾を探していました。

成績がピンチなので何とかして欲しいですが、どうせならそこから頑張る大切さを分かって欲しい。

志望校合格が目標ですが、受験生としての自覚を持たせてほしい。

とても嬉しいです。



寺子屋は入塾テストをやっているから、

成績の良い子しか取らないんでしょう?

そんな低次元なことを言う人が、まったくいなくなりました。



知的な世界は、

道は険しいかもしれませんが、

そこから世界を見下ろしてみたら、かくも美しい絶景が広がっています。



先日、新中3生にお説教をしていた時のこと、

恥かしがり屋で人前にあまり立たない子が、

叱られていた子たちに向かって、

「お互いやるべきことはしっかりやって、

 いいライバルとして受験を迎えましょう」

と、言葉をかけていました。

中1からみていますが、私もびっくりする一言でした。

一番びっくりしたのは、お母さんかもしれません(笑)。



さぁ、今年もどんなドラマが生まれるか、

今からわくわくしています。

真剣対真剣。

勝負はこうでなくっちゃ。



                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

語彙力について【附属泉丘の国語6】


今晩は、本日も粛々。



イマドキの子が、漠然と国語ができない気がする。

なぜできないか?より、何ができないのか?

それは言葉と言葉の関係から、考える優先順位をつけるのが苦手なのではという仮説にたどり着きました。

そこまでたどり着いた時に、

語彙力が少ないな・・・という問題も私は、すとんと腑に落ちました。



言葉そのものの数が少ないのは、誰しも気付くことだと思うのです。

単純に、野球や相撲などなど、今の大人たちが知っている「当たり前」を知らないことや、

じいちゃんばあちゃんと話す機会が少ないがための、

語彙力不足は、それこそ塾が嘆いてもどうしようもできないことです。

そんなことより私がいつも気にかかっているのは、


・部首の知識が少ない

・ことわざや故事成語・慣用句を知らない

・類義語や対義語を知らない

・文法になると途端に苦手になる


この4点です。

論理の観点から見ると、この4点は致命傷なのです。



論理的思考力とは、

@言いかえ表現(具体⇔抽象、比喩も含む)

A正反対の表現

B因果関係

と言いました。



部首は、漢字という膨大な知識を、ある法則に従ってまとめたものです。

木材関係はきへん、水関係はさんずい、火関係はれっか・・・のように。

これは、漢字を束ねるひとつの抽象的な理論です。

この知識が欠落しているということは、

ひとつは、漢字を整理整頓して覚えていない

もうひとつは、漢字を見た瞬間に、

具体的な目の前の漢字を、抽象的な部首理論にあてはめるという練習をしていない

ということです。



ことわざ・故事成語・慣用句は、大半がたとえ話です。

比喩による言いかえ表現のうち、我々に最も身近なのは、これらです。

これらが苦手な生徒は、

「夢は大切だ、まるで未来を決めるようなものだ」なんて日本語を平気で書きます。

平均点程度の生徒の話ではありませんよ。



類義語・対義語に関しても同様です。

言葉を似たグループでまとめたり、正反対の意味でまとめたりというのは、

言葉の数を持つ上で不可欠です。


意欲的・強気・前向き・夢中・誇らしい・ひたむき・信じる・・・

消極的・弱気・後ろ向き・無気力・恥かしい・自堕落・不信感・・・


似た言葉や正反対の言葉でまとめてしまえば、これらが同じ方向の言葉で、

しかもそれぞれとの意味合いの差も際立つので、覚えやすいです。

知識の性質は、

知識と知識が結びつくと忘れにくく、

単独だと忘れやすいものです。

組織と同じですね。

バラバラだと大人数でも弱く、まとまっていると少人数でも勝つ。



文法は、言葉と言葉の関係をとらえるためのルールです。

よく「文法なんて、日頃言葉を使う時に意識なんてしないから、無駄だよ」という話がありますが、

ひとつは、大人はある程度正しい日本語を使うのが「当たり前」になっているので、

その重要性にはなかなか気付けません。

できないことはよく気付くが、

できていることが何のおかげで成り立っているかに気付かないのは、よくある話です。

ふたつめに、文法は日本語を使うために必要なのでは無く、

論理的に日本語を扱うために必要な知識です。

英語でも、ただ日常会話をするのと、教育を受けた英語とではその性質が異なります。



現象としては、国語のある分野が、ちょい苦手・・・という体裁を取っていますが、

その実態としては、

日頃ふとした時に、論理的に頭を動かすだけの材料がそろっていない

という点で、実は致命的な欠点のように思えます。

生徒たちがある程度の量の知識を、各個撃破のように攻略している状態だとすれば、

抽象と具体の飛翔、

無関係に見えたはずの事柄がある一点でつながる興奮、

巧みな比喩で文章がぐっと美しくなる魅惑、

単独では分からなかったことが、比べることで明確に見える驚き、

対立していた事柄が高い次元で統一した際のダイナミズム。

こういう知的興奮を、日常的に得ていないというのは、とても勿体ない気がしてきます。

そしてこれらの単元を「入試での配点が低いから」と、「やればできるから」と、

なおざりにしてきた私たち塾の責任も大きいような気がします。

もちろん、私も含めてです。



論理的思考とは、論理的であることが大事なのではなく、

「思考」というのがポイントです。

思考ですから、「日頃頭を動かす動かし方」です。

日頃からの頭の動かし方ですので、何気ない機会にどれくらい実際に動かすかが大事です。

そして、小さな日頃の積み重ねが、大きな思考力と育っていくわけです。



イマドキの生徒が、国語に対し漠然と分かっていないのではないか?という疑問と、

なぜこの子たちは語彙力が少ないのだろう?という疑問は、

論理的思考力という一点でつながりました。

国語は全教科の土台である・・・とは、いろんな方も仰っています。

いろんな教科でみられる、

あれ?という事柄もつながってきました。

次回はそのお話し。




                                   ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

ヤバい。。。


今晩は、本日も粛々。



ヤバいって、みなさん「とてつもなく素晴らしいこと」に使うんですね。

今回のテスト、ヤバいっす。

と聞いて落ち込んでいたら、ヤバいくらい取れたと。

紛らわしいので、

ぜひ、否定オンリーで使う方に統一をお願いします。


といいますか、

強い肯定や、強い否定の時くらい、

3字よりもっとたくさんの言葉を用いて表現してください。



さて、

明日はちょい籠って、

溜まっている仕事をしないと、それこそ「ヤバい」です^^;





                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

突破模試が返ってきました


今晩は、本日も粛々。



突破模試が返ってきました。

今年のはへヴィですね。

ですが、個人的にはこっちの方が好きです。

志望校判定が正確な模試は、石川県総合模試があります。

基礎力がきっちり測ることができる模試は、学力テストがあります。

大学を睨んで頑張るには、名門公立受験道場模試があります。

中2・中3のうちから石川県の頂点を意識するには、ちょうどいい模試だと思います。



点数を見るとびっくりするかもしれませんが、

団体内順位を見て、レベルの高い人がいろいろいることを知り、

実際の会場で、その緊張感に触れる。

そういうところで大切にしてほしいですね。



次回は、9月23日(祝)です。



                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

「話す・聞く」と「読む・書く」の違い【附属泉丘の国語5】


今晩は、本日も粛々。



昨日のブログはアクセス数1600を越えて、

何が起こったのか、一人で焦っていました(笑)



イマドキの子たち、国語のどこができていないのか?を、

日本語が「読めて」いないだけで、決して日本語を理解していないわけではない、

というお話しでした。


日本語が読めていないとは、どういうことかと申しますと、

一般的に言語は、話す(聞く)時と読む(書く)時とは、

考える順番が違うのです。

話す(聞く)といっても、スピーチや授業ではなく、日常会話でです。



話す(聞く)時は、考えた順番と、話す順番は比較的一致しやすいです。

そして、話された言葉以外にも、表情や今までの付き合いといったことも参考にできます。

読む(書く)時は、文章で大切な順番を考えて、文字を追っていきます。

そして、文字以外の情報はあまり参考にできません。

この、大事なところを順位をつけて考えることに、論理的思考力なんて小難しい名前がついています。



主語・述語を意識して読まない、

述語につながる言葉を勘で探してしまうということは、

大事な順番が分かっていないという意味で、

同じ事柄なわけです。

いうなれば、気合オンリーで数独パズルを解いているような状態です。

順に考えていけば、すっと解ける問題を、

一気に考えるわけですから、そりゃ大変です。



以前、

外国人留学生より語彙力や会話力が豊富であるはずなのに、

日本人の方が国語の成績が悪かった

という事例を挙げましたが、

外国人留学生は、その国の成績優秀層です。

つまり、論理的思考を極限まで鍛えている人たちです。

ですから、言語が変わってもその意味さえ翻訳できれば、

その扱い方に差が出てくるのは当然だと思います。



論理的思考力とは、考える優先順位をつける力だと言いましたが、

考える優先順位をつけるには、もうひとつ分かっておかなくてはいけないことがあります。

それが「言葉と言葉の関係」です。

関係はシンプルで、3つ。

@イコールの関係(具体⇔抽象の言い換え、たとえも含む)

A正反対の関係

B因果関係

これが分からないと、どれが大事かは分かりません。



イマドキの生徒で相当数できていない事柄に、

主語・述語を意識していない、述語につながる言葉を勘で探す、の他に、

「てにをは」ができない・・・を挙げましたが、

「てにをは」を含めた助詞・助動詞は、言葉と言葉の関係を示す役割です。

関係をつかめない生徒が、

大事なところの優先順位(つまり主語述語)を見抜けないのは、したかがないことです。



で、勉強というのは、

国数英理社といった科目をとおして、徹頭徹尾、この論理的思考力、

つまり、

言葉と言葉の関係から、大事な順に考える・・・を鍛えることです。



イマドキの子たちが、語彙力に乏しい。

その正体を探るために、私はこういう道筋をたどりました。

文章が長いとお叱りを受けた後に、長文(笑)。

今日はこのあたりで・・・。



つづく



                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:38| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

名門公立受験道場模試


今晩は、本日も粛々。



今日は春期講習明け学力テストの日です。

いつも講習会明けは、名門公立受験道場模試です。

http://meimonkouritsu.com/

この師範塾の皆さんで、順位を出します。



附属泉丘小松突破模試でもそうですが、

勉強に集中できる環境にあるうちに、視野を広げることは、

とても大事だと思っています。


石川県のような田舎ですと、

とかく学生の視野が狭い!

わずか数年後には、同じ場所で机を並べて勉強している生徒たちと、

同じ場所や同じ時間を共有するということが、いかに大切か。


点数さえ上がればいい、

志望校判定さえしっかりしていればいい、

そういう狭い発想で、

寺子屋は勉強や受験をとらえたくないのです。



あ、名門公立受験道場のサイトで、

全国の公立高校から、有名大学合格のランキングが載っています。

とっても面白いですよ^^

こちら


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 18:33| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

いったい「何が」できないのか【附属泉丘の国語4】


今晩は、本日も粛々。



イマドキの子が国語ができないという漠然とした疑問と、

一生懸命頑張っているのに、ある種の壁にぶつかってしまうという問題。

この2つは日本語が「読めて」いない点でつながっていると仮説を立てました。

それが果たしてどういうことか?



寺子屋の季節講習恒例、

地頭をよくする文章処理能力養成講座では、

小学校4年生レベルの文章を、

正しい読み方で読むことで、

今まで我流になっていた読み方を修正し、

日本語を読んだり書いたりする際の考える手順を伝えています。



その指導中に、気になることが出てきました。

あくまで目安ですが、

国語が比較的苦手な生徒(国語の点数でいうと平均前後くらい)では、

「てにをは」の部分でつまづきがみられる。



国語が普通くらい(平均+10点〜20点ほど)の生徒で、

主語・述語を意識していないためのミスが目立つ。

ちょっと長い複文になると、あっさり主語を間違えます。

訂正されると、「しばらく」や「山には」「看板を」なんて主語を、

平気で書いてきます。



国語が得意な生徒(常時80点以上)でも、

述語に何をくっつけると、日本語が伝わりやすいのか?という部分に関しては、

大の苦手です。

述語は何ですか?と聞かれて、

「帽子をかぶっています」と「帽子を」まで付けてしまう。

要点を書けと言われて、主語述語+一言でちょうど指定字数になるという場合、

その「+一言」が自由極まりない(笑)。

本当はちゃんと優先順位があります。



よく見られるこの3つの間違い、

私のように文章を書く機会が多い人からすると、

それこそ「外国人より下手でも仕方が無い」レベルです。

しかもそのレベルで、泉丘高校くらいでしたら合格してしまいます。



しかしながらこの地頭をよくする(略)で行われている講座内容の一部、

小4レベルの日本語読解は、ある大学受験用参考書からのアイディアなのですが、

その大学受験用参考書には、

「各地域のトップ校レベル、大都市圏でも上位3校に合格できるレベルでなければ、

 小中学校での文章・数的処理能力に大きな課題を抱えていると考えてよい」

とあり、この小4レベルからの読解は必要と書いてありました。

各地域のトップ校レベルを、こちらに当てはめると附属・泉丘あたりになりますが、

トップ校の定義を「学年の半分が帝大+医学部に行けるレベル」としていますので、

泉丘はアウトとなります。



実際、この地頭をよくする(略)を、泉丘高校生にやっても、

小3内容に戻らなくてはいけないレベルの子ばかりです。

この日本語を「読む」力で、

問題集等の解答解説を読んで、何が得られるのでしょうか?

国語力と、自学自習する力が、

一点でつながる部分です。



イマドキの子が国語の「何が」できないのか、

少しずつ見えてきました。


「てにをは」が不十分な生徒がいる

主語・述語関係を意識して読んでいない

述語に何から順番につなげていけばいいかを、勘でやる


この3つの問題点が明らかになった時、

私は「イマドキの子が、語彙力少ない」という問題にも、

ピンとくるところがありました。



つづく



                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

【お知らせ】学力テストと通常授業再開・高校生の地頭について


いよいよ春期講習明け、学力テストです。

4月・8月・1月は、名門公立受験道場模試です。

寺子屋勢の活躍、楽しみにしております。



@学力テストについて

新小2〜新中3までが対象です。時間帯は春期講習の紙にありますので、

ご参照ください。



A通常授業再開について

年間スケジュールにもありますように、通常授業は4月8日(水)からです。

6日(月)と7日(火)は休講日です。

講義が休みというだけで、

相変わらず自習は可能です。

特に新中3生に関しては、中3内容の復習期間に充てたいと考えています。



B高校生の「地頭をよくする文章処理能力養成講座」について

高校生は始業が水曜日からと聞いています。

ですので、来校してくださった折に、ばしばし地頭は進行していきたいと思います。

たいてい私は暇だと思いますので(笑)、

ふらっと来校してくだされば、集まっている皆さんでやりましょう。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

つながった2つの疑問符【附属泉丘の国語3】


今晩は、本日も粛々。



会話力や語彙力に勝るはずなのに、外国人留学生に劣る国語、

一生懸命頑張っているのに、ある時ぱたっと成績上昇が止まる。



この2つの事象が、ぱたっとつながる場面に、授業中出くわしました。

地頭をよくする(以下略)を初めて実施した夏期講習、

こんな場面に出くわしました。

しかも多数。



とあるパズルを解いてもらっていたのですが、

例題があって、あれこれ試行錯誤してもらい、

いざパズルのコツみたいな部分を解説してあるページです。


ほら、例えば数独でしたら、

まず数字が多く埋まっているところから検討し、

横を見て、使われている数字を消去・・・みたいなある程度の手順について、

解説する場所です。



ここの日本語や図が理解できずに、ずっと固まっている生徒が、

多数いました。

そんなに成績が悪い子ばかりではありません。

学年10位前後や、学年トップ10に入っている子たちにも

大勢。



一方、成績に関わらず、すっと理解して、

集中して取り組んでいる生徒もいます。

たいてい、

あの子は頑張ればもっと伸びるのに。。。

と思う子たちでした(笑)。



ここではたと気が付いたわけです。

この子たちは、まず日本語が読めていないのだ、と。



日本人をつかまえて何を言うんだ!なんて、仰らないでください。

私は「日本語が理解できていない」とは言っていません。

日本語が「読めて」いないと言ったのです。



ここで大きな2つの疑問がつながりました。

ある種の生徒は、

勉強していく上で、日本語を読みこなす能力の部分を、スキップして、

成長してきているのだと。



そこでひとつ思い出したのが、

母校で私が入試を受ける代から行われた、入試形式です。

90分の講義を受験生が聞いて、

内容をまとめる・・・という形式の入試です。

大学1年の時に教わった先生が、提案された入試だったそうですが、

確かにその入試形式で合格してきた生徒は、

同学年の中でも考える力に優れた人たちが多かったという

印象です。



しかしこれではまだ、掘り下げ方が足りません。

日本語が「読めて」いないとは、

一体何が出来ていないということなのでしょうか?

課題点が明らかにならないと、対処法が見つかりません。

同じく、地頭をよくする(略)を初導入していた時に、

示唆的な事例がありました。



つづく



                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 附属・泉丘の国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

春期講習明け読書リスト


今晩は、本日も粛々。



いろいろ本を買い込んで、

最優先に読みたいのを3冊くらいに絞っていたのですが、

優先順位下位のものを思わず、読んでしまいました。






kbk.jpg


急いで読む必要全く無し^^;

小さい頃、好きだったプロレスラーです。




                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする