2015年03月21日

かほく市の教育レベルが上がればいい


今晩は、本日も粛々。



そういえば、かほく市に新しいFC塾が来るようです。

この間、門徒さんのお宅で聞きまして、

ライバル登場ですね^^なんて言われたのですが、

私は、

「いいえ、仲間ですから大歓迎です」と答えました。



昔からかほく市は教育熱が低い地域。

今でも中3の通塾率は5割くらいじゃないでしょうか。

考えられないくらい低いです。



いまある塾さんたちの努力、

新しく開く塾さんたちの影響、

学校の先生たちの頑張り。

様々な事柄が絡み合って、かほく市全体の教育レベルが上がればいい。

それがひいては、

石川県全体、日本全体の知的レベルの向上につながれば、

こんなに嬉しいことはないです。



点数を取ることや受験をとおして、

勉強の面白さ・奥深さを伝え、

結果的に生徒たちがエリートとしてふさわしい心を持って、

社会へ巣立っていく塾

これが寺子屋のコンセプトで、周囲の状況で変わることはありません。



来てくれる生徒・保護者に対しても、

寺子屋の考え方に、価値を見出してくれた人さえ来てくれれば、

もしくは寺子屋に通ううちに、その価値が大切だと分かる方だけいてくれれば、

それでいいと考えています。

ですので、他塾さんと方針は自然にぶつからないコンセプトなんです。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする