2014年11月30日

空間図形特訓

141130_171038.jpg

今晩は、本日も粛々。



今日は京都で、低学年用コースの勉強。


空間図形の感覚をつかむ工作です。


オレンジと緑を組み合わせて、微かにクリスマスカラーの、


ハート連結(笑)


さて、何を切ったらこんな図形になるのでしょうか?


こういう、具体的な経験と座学をうまく組み合わせて、

頭が柔らかい生徒を、

育てていきたいですね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

中学生も少しだけ


今晩は、本日も粛々。



授業、葬儀、授業、授業と、

一日中わたわたしていました。

その時間の合間に低学年開講準備。


わたわたというと語弊がありますね。

このザクザク物事が進んでいく感が、

たまらなく好きです。


あ、ご質問いただいたので、ブログでもお答えします。

チラシは小学生オンリー書いてありますが、

中学生は若干ですが、

受け入れ可能です。

現中2と現中1、

冬期は5科目やるのですが、

重点科目は、



★国語読解と、理科の計算です。



毎度毎度好評を頂戴している、

寺子屋鉄板講座ですね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

上位生としてふさわしい姿勢

冬チラシ表.JPG

火曜日に入ったチラシです。
「昭和の香りがする塾」と言われていますが(笑)、
宜しくお願いいたします。



今晩は、本日も粛々。


先日、寺子屋を卒塾してから、

通いの都合で知り合いの塾さんに行った生徒がいます。

塾長さんにその生徒の性格や勉強のやり方等々をお伝えしていたら、



「いや〜、勉強への姿勢や基本動作がすごくいい!

 生徒を見れば、その塾の力が分かるね」



とみたいなことを仰っていただけました。

その塾長さんも、勉強の基本動作に関してはとても厳しい方ですので、

評価をいただけるのが、とても嬉しいです。


しかも、ウチでも文句なしに誰もが認める素晴らしい生徒が、

そう評価されたのではなく、

寺子屋では普通か、普通よりちょい頑張っていたくらいの生徒で、

そこまで評価いただけましたから、

私の中でも感激ひとしおです。



この学年に、常々言ってきたことがあります。

勉強するには資格があります。

自分自身さえよければいい、

点数が高いことで、自分の価値が高いなんて錯覚をする、

親に暴言等々を吐く、

というような邪(よこしま)な心の持ち主には、

勉強なんて高貴なものをやる資格はありません、

と。



寺子屋がどんな塾か、

私が何を言っても、所詮は希望・野心・願望にすぎません。

生徒たちが一番、それを表現してくれています。



                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 22:40| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

冬期講習のご案内を配布しております


冬チラシ表.JPG

火曜日に入ったチラシです。
私のこだわりで、毎回日経・読売等の全国紙には必ず入れています。
早速いくつかお問い合わせいただき、
感謝です^^



今晩は、本日も粛々。



葬儀関係でわたわたしていました。

冬期講習のご案内、お渡ししていきますね。



細かい変更点としては、

中3のテストを、入試と同じ時間帯にしたり、

中学生のテストを7日にしてみた

・・・というくらいです。



そして冬期講習も、

夏期講習で大好評だった、


★地頭を良くする文章処理能力養成講座


をやります。

国語って、ここからやり直さなくてはいけないケースも多々あります。

もちろん、夏期に受講していた方も大歓迎です。

前回全部終わった生徒は一人もいませんでしたからね。

むしろやって欲しいくらいです。



さぁ、楽しんでいきましょう。



                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

あたしが教えると、すぐn(以下略)

冬チラシ表.JPG

チラシが入りました。

入塾基準5か条の最後が落丁になってしまいました。
その5
現在家庭で、学校の宿題以上の学習をしている者



今晩は、本日も粛々。


1年以上かけて、毎晩会議していたものが、

ようやくカタチになりました。




141127_135608.jpg

大逆転のセンター国語
マンガでわかる現・古・漢
あたしが教えると、すぐに国語の成績が上がっちゃうからねっ!

が、12月2日、
エール出版社から発売と相成りました。


表紙だけがマンガの参考書が多いので、

実際にマンガでポイントが理解できる、センター国語の参考書になりました。



国語の基本がなっていない子が多いですからね、
で、指導者の話を聞いていても、
国語をどう教えていいか分からない・・・という声が多いです。

生徒にも、
指導者にも、
何らかの一助になればいいなと思っています。

私は小説部門を担当しています。
寺子屋らしく、
最後にはちょっとだけ能書きをたれています。


ちなみに、マンガを書いてくださっているのは、
プロデビューが決まっている、学生さんたちです。

イヤァオ!


しばらく執筆活動は、

休憩しましょうかね^^;

まぁ、機会があれば、また考えます。



                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

数我苦(すうがく)から数楽(すうがく)へ


冬チラシ表.JPG

チラシが入りました。
中学生も募集していますが、チラシに載せるほどたくさんではないので、
今回は小学生オンリーで書きました。

入塾基準5か条の最後が落丁になってしまいました。
その5
現在家庭で、学校の宿題以上の学習をしている者



今晩は、本日も粛々。


寺子屋が小学生のうちにやっておきたい事柄のひとつは、

数楽(すうがく)です。


中学校や高校の先取り?

というわけではなく、

数学で使う考え方だけを、先にやっておきたいのです。

最近の子が苦手としている、平面・空間図形+数の感覚がメインになりますね。



計算方法ばかり先に進んで、

数学が出来る!と思い込んで自信をつけるのも、ひとつの手だとは思います。

ですが、それだと数楽にはならないんです。



あ、あまり楽しさばかりを強調すると、胡散臭くなりますので(笑)、

念の為申し上げておきます。

数我苦(すうがく)を経験したからこそ、

その楽しさも分かるのです。



答えが出ずに、あぁでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返し、

イライラしたり、

自分の頭の悪さに落ち込んだり、

そんな過程があるからこそ、

気持ち良さも倍増。

気付いたら数学ジャンキー。。。



その時のコツが、

2つあるわけです。

それを小学生のうちから、じっくり時間をかけて、

お伝えしたいなと、思っています。




                              ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 19:56| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

論理的思考力


冬チラシ表.JPG冬チラシ裏.JPG


今晩は、本日も粛々。



明日、どどんとチラシが入ります。

一か所落丁が見つかって、心から凹んでいます^^;

入塾基準5か条の5つ目が、どこかに消えてしまいました。

その5
現在家庭で、学校の宿題以上の学習をしている者




さて、今回タイトルには、

小学生のうちに論理と数楽を・・・と変なタイトルを入れました。

今中学生・高校生を指導していて最も欠けていると頭を抱えているのが、



★論理的思考力



です。

今年の夏期講習に、この論理力をトレーニングする講座を実施したところ、

思った以上にうまくいきました。


単に国語の成績が上がっただけでなく、

授業の内容を吸収する度合いが高まったり、

質問の質が上がったり、

数値には表れませんが、変化を感じることができました。


それ以降、小4・小5の通常授業で、

この方式を盛り込むことにしました。


点数を取るためのパターン学習は、

論理的思考力という土台が無いと、ちょっと怖いですね。




                                 ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

第1回河北郡市統一テスト、出題の意図を推測


今晩は、本日も粛々。



寝る前に更新(笑)。


河北郡市統一テストの出題傾向は、比較的簡単だったというお話を以前書きました。

これは最近の保護者会でお伝えしている内容で、

何となく推測つきますよね。



統一テストは、学校の先生が進路判定に用いるテストです。

統一テストの点数を志望校に志願する時の判断基準になるので、

入試だけで問いきれない内容を、統一テストで聞くという傾向があります。



金沢市の統一テストも、問題は見ていませんが、

基礎的な内容だったと聞いています。



入試があんだけ難しいですからね、

統一テストとうまく階段を作るイメージで作成されたのでは?と、

推測しています。



今回各中学校の度数分布票を見ていると、

300点〜350点

350点〜400点

の得点幅が、がつんと多いテストでした。

前回ちらっと書いたとおり、

今回のテストで80点無い科目は、基礎力に相当問題アリです。



テスト結果に一喜一憂したり、

最近の子の傾向としては、そろそろテスト結果が思った通りでなかったことを忘れたり(笑)、

しているヒマがあるなら、

感じた課題に、さくさくと取り組んでください。

今からやって、

成果がギリギリ1月に刈り取れるかな?というタイミングです。




                                  ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 05:06| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

面白い影響


今晩は、本日も粛々。



ブログで金沢大学のスーパーグローバル大学の話を書いたら、

そういえば金沢大学近辺の幼稚園で、

子持ち留学生の入園ラッシュが起こっているそうです。


これは面白い傾向ですね。



いや、もちろん今まで味わったことが無いご苦労もでてくると思います。

給食の素材に、あらゆる宗教圏のタブーに触れない努力とか、

イスラムのお祈りの時間を、きちんと取ってあげられるかとか、

子育て観の文化的な違いによる誤解とか、

子ども・保護者の集まりにおけるマナーの問題ですとか、

エトセトラ、エトセトラ・・・。



今まで、製造業中心の県と異なり、

特に金沢市は、観光客が外国人を見かける一番多い機会でしたが、

どんどん変わってきますね。



あ、そうそう。

英語が話せる職員が足りなくて困っているそうです。

英語は、

英語圏の人たちと話せるようになるから必要というだけでなく、

非英語圏の人たち同士と話すのに必要という、

証左ですね。



ですが、普段から授業中にお話ししているとおり、

外国人との会話も、

まずはハートであり、ちょっとした作法です。




                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

学力の高い者が見える地平へ


今晩は、本日も粛々。



金大附属高校の説明会に行ってきました。

金沢大学がスーパーグローバル大学、

附属高校がスーパーグローバルハイスクール、

この指定を受けたことで、

とても鼻息が荒かったです(笑)。



昨年の説明会でも思いましたが、

やはりトップ校が、最も教育の価値を理解していると、

今年も強く強く思わされました。



石川県のトップ校は、附属です。



とにかく強調していたのは、

校風としての「自主自律」

スーパーグローバルハイスクールとして、基礎となる5つ

1基礎的教養

2課題対応能力

3英語運用力

4グローバル・マインド

5リーダーシップ


つまり、すべて「人間力」について、延々と熱く語っておられました。

こういうところは、大学合格実績なんていう、ちっぽけな数字には表れない、

最大の魅力です。



教育機関は、

こういうところをどれだけ言えるかが大事であって、

実績だとかというのは、

その価値を知ってもらうためのひとつの手掛かりでしかありません。



優秀な生徒を泉丘だけではなく、附属に!という意図はあるのですが、

そこはさすがに高飛車です。

「目標を持って、社会・国家・世の中・人のために頑張れる人」と、

きちんとハードルを設けていました。



5教科(入試)と関係が無いから、副教科は手を抜く。

先生の指導方針を無視する。

こういう生徒は、入試の点数がどれだけよくても落とされます。

当然ですね。

こういうことも、県立高校はなかなかできないのです。



え?

もっと石川県をはじめ、地域のために活躍できる人材の方が大事?

西田幾多郎先生が、ずっと地元に閉じこもっている人でしたら、

今ほどかほく市に貢献できなかったでしょうね。。。

と、

私は考えてしまうのです。




                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする