2014年10月26日

ドヤ顔で勉強に挑む


今晩は、本日も粛々。



勉強に取り組むときに、おそらく最も難しいのが、

「机に向かうまで」

かな?といろんな方の話を聞いていて思います。



どんな生徒であったとしても、実際に勉強に取り組んでしまえば、

そんなに「嫌い」という人はいないもんです。

ですから、受験生やテスト前の生徒にもなれば、

やる気が出ない時は、

「とりあえず机に向かう」ということを言っています。

そのためには、誰かと「いついつになったら、勉強を開始する」と宣言して、

それを守るというルーティーンを作ると、便利なのですが、

もう一歩進んで、

そういうルーティーンを自分から守りたくなるようにするには、

どうしたらいいか?



決めた時間より、ちょい早く行動すると、

ドヤ顔で勉強できます(笑)。



自らの意志で決めたことであったとしても、

ギリギリで守ろうとすると、どうしても「やらされている」感を

感じてしまうものです。

それより早く行動すると、「約束した人にまさった」感をもって、

取り組むことができます。



受験生や、テストを間近にした生徒であれば、

こんなこともすっと取り組めたりします。

では、まだそういう状況ではない、小学生やテスト以外の期間の中学生については、

また次回・・・




                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする