2014年10月23日

小学生の国語


今晩は、本日も粛々。



小学生の国語を、夏期講習で行っていた、特別プログラムを、

通常授業でもずっとやるようにしました(小6以外)。


国語ほど、弱点が認識されにくい科目は無いなと思っています。


今、小学生にやっているプログラム、

実は中学生や高校生がやっても難しいです。


それくらいみんな「意識的に」日本語を扱っていないのです。



英語でも、educated English(教育された英語)というのがあります。

教育された英語と、何となく使っている英語は、やはり異なるんですね。



この場合の教育の意味は、日本語の場合とまったく同じです。

「論理的」ということです。



この論理として日本語を駆使することができるということは、

日本語を「なんとなく」ではなく、意識的に扱うことです。

これは教えないと分からない。

ここを放置されているケースが、9割方ですね。

しかしながら、思うのです。

大学の勉強は、この論理が無いと、全く意味を成さない。



大学を就職予備校と位置付けていれば、そこまで問題にならないのかもしれない。

しかし大学を「就職には直接役に立たなくても、

ある程度どんな道でも究めようとすれば、必要な寄り道」と考えていれば、

これは致命傷。



中間テスト・期末テストだけ。

入試だけを見ていては、決して分からない事柄です。

いや、傾向は出ているはずなんです。



論理力の無い子どもはたいてい、

★会話していてピントがずれていると思う時がある。

★年の割に幼稚な考え方をする。

★理屈に合わないことに、妙に我を張る。感情的になる。

という傾向がありますから。



国語を指導していて、悩ましいところです。



                                ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする