2014年10月17日

承認


今晩は、本日も粛々。



ノーベル賞を受賞した、中村博士の件が話題になっています。

僕が会社をやめたわけ--青色LEDの発明者 中村修二氏に聞く

青色発光ダイオードの特許をめぐり、

中村博士が勤務先であった会社を相手取って訴訟を起こしたこと、

私も記憶に新しいです。


ただ、

私はこういう技術関係よくわからないのですが、調べてみると、

「当時の中村博士の発明は、さほど価値は無かった」という技術者たちの意見もありますので、

一概に

「優秀な技術者を厚遇できなかった日本企業」という、

一面的な見方はしていません。



これらの報道をみて私が感じていたことは、一点「承認」です。

中村博士が日本企業に勤めていたころ、アメリカ技術者たちからのあだ名は、

スレイブ(奴隷)だったそうです。


アメリカからは考えられないくらい少ない報酬で、四六時中働くその姿から、

そう名付けられていたようです。

それくらい、「社畜」だった中村博士が、

古巣を告訴するに至ったのは、単に報酬だけではないと思うのです。



塾も職人みたいな仕事ですから、

職人が在籍している組織を憎む時は、ただひとつだけです。


「自分の能力や仕事が評価されていない」


この「評価」という言葉の意味は、

報酬+承認です。


わざわざ賞賛ではなく、承認としたのは、

よいしょされ、持ち上げられている状態を、職人は良しとは、必ずしもしないからです。

職人は自分の仕事の良し悪しに対してのみ、誠実です。

大した仕事が出来なかった時に賞賛してくるような人間を、

職人はとても軽蔑します。



そう考えると、

組織論的な問題も大きかったのではないか?と、私は推測しています。




                              ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする