2014年10月16日

テストは学校の先生からのメッセージ


今晩は、本日も粛々。



入試問題なら、受験する高校・大学からの、

定期テストや実力テストは、在籍している中学校・高校からの、

君たちへのメッセージです。


中1の中間期末は、毎年この時期くらいから、

ようやく「中学校らしいテスト」になってきます。


今年は全学年通して、理科が難しくなっていました。

これはずっと保護者会で言っていたことですね。

今回の教科書改訂、

報道では理数でしたけど、本当は理社ですよ^^と。


一部の学校では、がんがん入試問題が出ていました。

これはつまり、



中学生のくせに、ワークしかやってないの?



というメッセージでしょうね。


他にも、ある学校の社会では、用語としてはマニアックでも、

高校の内容ともつながって、

しかも授業中に強調していたことがきっちり出ました。

平均点が低く出てしまって、問題を作成した先生は、

「中学生って、こんなにも授業を聞いていない・復習していないんだ」と、

落胆されているのかもしれません。




たとえライバルでも、

人の喜びを「よかったね」と

心から喜んであげて、

「私も頑張るわ」と

発奮剤にできるような人

じゃないと伸びません。



金メダリスト高橋尚子選手を生んだ、
日本女子マラソン界の名コーチ 小出義雄



テストの際に、結果をどう受け止めるかについてももちろんですが、

テストそのものに対しても同様です。




こういう先生たちのメッセージを、

悪意では無く、

君たちに力をつけて欲しいがためのものだと素直に受け取って、

日々の勉強方法を見直してほしいですね。




                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする