2014年08月11日

寺子屋 × Tera school


今晩は、本日も粛々。



京都から

現代の寺子屋「Tera school」という、

どこかで聞いたような(笑)塾の先生が、

見学に来てくださいました。



親鸞聖人ゆかりの青蓮院門跡で開かれていたり、

既に日経新聞等々に紹介されていたり、

私の寺子屋とはそれこそ、



レヴェルが違うんだよ.JPG



というところですが、

全国は広いですね。



私が寺子屋を作った時、

「変わったことを考えますねー」と散々言われましたが、

表現方法は異なれど、

似たようなことを考えておいでる方は、

いるものなのです。


もちろんこの先生だけでなく、

たくさんおいでます。



世の中は、意外と捨てたものじゃない。



語り合う時間が、あと10時間欲しかったです(笑)。

さ、Tera schoolの先生から気合をいただいて、

後半戦も頑張ります^^




                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

最高峰の知性


今晩は、本日も粛々。



寺子屋が誇る、最高峰の知性の持ち主たち。

高校生たちで座談会を行いました。


勉強や進路について、

いろいろと意見交換を行いました。



話を聞いていて思うのが、

意識が高い高校生が少ない。


それは端的に、今の子が・・・ではなく、

友人を見れば、今のその子のレベルが分かる。

そういうことです。



それにしても思うことが、

「すごい人」に積極的に関わったり、自分から意見を述べたり、

できる人がまずいない。

そんなにシャイでどうする。



去年の中3に言った(らしい…覚えていないんですw)言葉を繰り返します。



自分のレベルが高かろうが低かろうが、

どう取り繕おうが、

ある程度のレベルに立っている人にはどうせ見抜かれてしまいます。

だったら今の自分を誤魔化そうとせずに、

どうどうと立ち向かえばいい。



ということを、去年言ったらしいです。

記憶の中にない私って、いいこと言いますね(笑)。




自ら動くという姿勢を見せないと、

相手には伝わらないものです。




                        ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

もうひと踏ん張り


今晩は、本日も粛々。



夏期講習がもう一息でひと段落。


そして、再建の打ち合わせもラストスパート。



何か大きなことをやるというのは、


労力がかかりますし、


なかなか「いつまでにこうなります」と言い切れないのが、


もどかしいですね。




                      ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

夏休みも折り返し地点


今晩は、本日も粛々。



早いものですね。

もう半分が終わりました。

始まってしまうとあっという間。



やっとエンジンがかかりはじめた人が多いですが、

気付くことに遅すぎることはない。

頑張れ。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

憶えておきたい日


今晩は、本日も粛々。



ヒロシマの原爆記念日についてちょっと言及しましたが、

先の戦争で、少なくとも覚えておいて欲しい日付は、


1941年12月8日


1945年6月20日


同8月6日、8月8日、8月9日、


そして、同8月14日(15日)です。



何の日でしょう?




もうひとつ。

ネトウヨは、卒業することを知らない
湯浅誠×やまもといちろう リベラル対談(前編)


>例えば「あなたは何が誇れますか?」と聞かれたとき、
>職歴が誇れない、学歴が誇れない、家系が誇れない。
>日本人であることしか誇れない人たちが結構いっぱいいます。
>本当は、高いところに自分の理想があっても現実の自分はそこにまったく手が届かない。
(中略)
>とりわけ、右翼的な発言をする彼らのアイデンティティは、実は日本人であること以外ない。


日本人として「も」誇り高い自分であれ。




                         ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

ヒロシマ


今晩は、本日も粛々。



今年は中3オンリーでしたが、

現在ある程度、知的好奇心をしっかり感じる学年には、

世の中についてのお話しもしています。



小4・小6は話してもよかったのですが、カリキュラムに追われていてできませんでした(笑)。

小5は一番遅れていますので、それどころではない^^;

中1はもう一息、中2は頑張っている子には話したかったですね。



今年は、真正面からでなく、

原爆体験や、敗戦という経験が、

表現にどう影響を与えたか?というお話を、

美輪明宏さんと、

三宅一生さんのエピソードを用いて、お話ししました。



さ、夏期講習も折り返し地点。



                             ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

【お知らせ】寺子屋高校生の皆様へ


8月10日(日)19時くらいから、

寺子屋の高3生〜高1生で、寺子屋が誇るハイパー高校生たちとの

座談会を行いたいと思います。



進路選びや、勉強の高め方のポイントなど、

私や学校の先生より、

実際の生徒の話を聞いた方が、すっきり解決すると思います。



参加は強制しません。

話を聞いてみたかったり、

積極的に質問をしてみたかったり、

するかたのみ、来校してください。





                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

掘り下げ方


今晩は、本日も粛々。



昨晩は徹夜で、ずっと今日の葬儀の事を考えていました。

まぁ、どうせ一度寝ると電車時間まで起きれない自信があったので、

起きていたのもあるのですが(笑)。



ちょっと特殊な事情での葬儀だったので、

少し法話ができればと思って、内容を練っていました。



いざ本番になってみると、

あれだけ練っていたのに、スムーズに言えなくなりますね。

もっとシンプルな言葉で、

誰にでも分かるように伝えられないということは、

私の掘り下げ方が甘かったということです。



どうしても自分の言葉でお伝えしたかったので、

敢えて他の人の言葉で引用はしませんでした。

皆様には、創造力を放棄して、適切な言葉を引用して送ります。




あなたが虚しく過ごした今日という日は、

きのう死んでいったものが、

あれほど生きたいと願ったあした

                     「カシコギ」(韓国の小説)より



             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 20:21| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

セミナーに続きまして

140803_215824.jpg

今晩は、本日も粛々。



今度、一緒に本を出版する方々と、



焼肉です(^o^)



もうね、



悶絶するくらい、んまいっす。



そして悶絶するくらいの、濃ゆい塾談義。



最高ですね。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語セミナー中


今日は、本日も粛々。



福島隆史先生のセミナーに参加しています。

今、自分が抱えている問題意識が、

今をときめく全国トップレベルの先生の、問題意識と重なっていることが、

一番の自信になりますね。


もちろん私は悩んでいるところにいて、

既に全国区の先生方は、どう解決して行くかというところにいるわけですから、

はるか彼方の人を追っかけているわけです(笑)。


まぁ、姿も見えない中走るのと、

はるか彼方でも背中が見えるとか、

足跡くらいは見えるとかでは、

気持ちが違います(笑)。



これから懇親会と、

今、国語の本を一緒に書いている仲間たちと、

わいのわいのしてきます。



あ、文章処理能力受講者で、そろそろ覚醒してきた生徒が、

少し出てきましたね。

国語の記述問題の書き方が、

劇的に変わってきました。


もう一歩進めば、会話が変わってくるはずなのですが。


例えば、今度いつ自習に来れる?

明日は来れません


。。。だからいつ来れるの?

。。。そして、君は塾に「来る」のかい。「行く」んだろう。


と、ツッコミどころ満載の答えをする生徒が多いのです。

論理を勉強すると、その辺りの答え方がすっきりしてくることが多いです。




あ、別件ですが、

以前、自習の約束を破った生徒に理由を聞いたら、



理由はありません



dd329037.jpg


。。。ということで、泣くまで説教しました。

理由がしっかりしてれば、どういう点を反省しなくてはいけなかったか、

お互いにとって明確になります。

理由が無いは、相互理解の放棄です。。。ということを話しました。



正直言って、これはましなんです。

まだしっかり言いましたから。



一番ダメなのは、

ずっと黙っている、小さな声で答える、ウソでゴマかす。


これは、目の前にいる人に、中指を立てる行為です。

ですから、場合によっては、もう寺子屋に来なくてもいいよ、と言います。


百歩譲って、引っ込み思案の人もいるではないか、と。

相手にそこまで気を遣われないと話も出来ない生徒が、

将来人の上に立っていいのですか?と。


勉強は、自己表現の方法を学ぶものでもあります。

自分がどう見られるか以前に、表現してみなさいな。



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 17:05| Comment(0) | 寺子屋準備中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする