2013年10月31日

小6生を拡大予定です


今晩は、本日も粛々。



先日、クラビズムさんから取材がありまして、

11月20日発売の号に、

久しぶりに寺子屋が登場します。



いつも担当の方が書いてくれた記事に、若干手直しするくらいなのですが、

今回はいつも以上に気合が入っていて、

自塾への褒め言葉を校正する・・・という気恥ずかしさが、

今回は一層強かったです(苦笑)。



で、その時も仰ってくださっていたのですが、

毎回取材に来るたびに、新しい話題や取り組みがある・・・というのも、

珍しいですね^^

と。


確かに意識して頑張っているところはありますが、

なんせ比較的緩やかに進むこの教育業界。

回転が速すぎる、いろんな業界の店舗を取材している方から、

そういうことを言ってもらえるのは、

心から嬉しかったです。



あ、本題です(笑)。

ずっと満席になっておりました小6生、

今回の冬期講習の募集から、定員枠を拡大いたします。


冬期講習は、小学校内容の総復習で、

1月か2月から中学内容の先取りを始めます。


ですので、中学生になってから、3月4月あたりにゆっくりと・・・と

考えておられる方は、ひーひー言ってもらいます(笑)。


既に何件かお問い合わせをいただいておりますので、

入塾テストに合格した方から、優先的にご案内いたします。

何枠増やすかは、





・・・これから考えます(笑)。




                            ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

生き証人


今晩は、本日も粛々。



西田幾多郎先生のお孫さんで、

教育哲学者、上田薫先生の著作を読み終えました。


1920年生まれで、

アジア・太平洋戦争の時に、学徒出陣に加わった先生から、

「現代の空気は、昭和初期に酷似している。かすかに軍靴の音が聞こえてくる」

とあると、空恐ろしい気もする。



世間一般ではよく言われていることですが、

当時の空気を知っている人からの言葉は、

やはり異なって聞こえますね。



先生の処方箋は、

「家族愛・地域愛・愛校心・愛国心・信仰心・・・これらの身内びいきの情操は大切だけれども、

厳しく抑制するものとセットになってはじめて有効である」でした。

厳しく抑制と書くあたりが、ストイックな先生らしい言葉づかい。



高校時代の先生が、愛妻家であるにも関わらず、

うちの愚妻が・・・が口癖だったの、

とても素敵だなと思っていました。



ストイックでなくとも、

いろんな、その人なりの粋の捉え方で、

こういうバランスのとり方ってあるもんだなと、

ふと思った秋の午後(笑)。




                            ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

高岡で講演会しました


今晩は、本日も粛々。



富山県高岡市で、

講演.jpg

講演してきました。

まぁ、大がかりなものではありませんが、

貴重な体験でした。



塾の先生たちや、保護者の皆様の前でお話しすることはあっても、

不特定多数の方にお話ししたのは初めてで、

あがりました(笑)。



いつもと異なることをやってみる。

これは、いいもんですね^^



                        ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

ワイルドサイド


今晩は、本日も粛々。



ルー・リードが亡くなりました。

ロック史上最大の詩人が逝ってしまいました。

ミュージシャンたちのツイート


RIPリード.jpg

有名すぎるほど有名なデザインの

このアルバムが、

ルーが在籍していた、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドというバンドの、

ファーストアルバムです。






元ARBという、日本のパンクバンドのギタリストをしていた、

白浜久さんが、

ルー・リード大好きなんですね。

福山雅治さんに書き下ろした曲で、同名のものがありますので、

この曲をご紹介いたします。


年取ってても、気合入っているなー。ルー・リード。


ロックの魂に乾杯。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(2) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

前提にできる関係


今晩は、本日も粛々。



日頃、他塾さんと交流する機会に恵まれています。

群れるのが嫌いな私なのですが、


★他塾さんとの交流

★異業種の友人たちとの交流


この2つはとても大切にしているつもりです。



個人塾なんて、塾長の人間力しか、差別化のポイントはありません。

私は、そういう部分を、交流の中で教わって行こう・・・という考え方の人が、

周囲にいない・・・というのが自慢です。


むしろ、そういう部分は前提にして、

その人間力を、どう仕組みにしていくか。どう表現していくか。どうPRしていくか。

それらを見聞きするだけで、彼らの哲学の一端に触れることができて、

私は充分幸せです。



仕組みや宣伝なんて、

それ自体は血が通っていない、ただの方法論です。

しかし、いっぱしの力を持った人間が扱った瞬間に、

それは誰にも持ちえない武器になります。



神々は細部に宿る



自分の教育観を実現するために、どう細かい部分にまでそれを宿しましたか?

と、問われている気分になる言葉です。



同じ行動をしたり、同じ考え方を持っていたり・・・でないと一緒にいられない。

そういう関係を求めて群れる人は、最初から独立しないでしょう(笑)。



異なった考え方の人と触れ合うと衝突しそうだからと、一人で閉じこもる。

そういう「女の子が怖いからPCの前にいる子」みたいな発想には、

この年になると立てません(笑)。



考えの異なった、しかもある一定レベルを超えた、

一匹狼同士だからこそ語り合えるという状態が、

私とっては、とても居心地がいいのです。





                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

ずっと前からある塾


今晩は、本日も粛々。



最近お問い合わせもたくさんいただいていて、

なぜか幼児や小学校低学年からも・・・(笑)。



寺子屋は小5生から中3まで通える・・・とスタートして、

2年目に入る年に、当時の中3生から言われ、在籍していた生徒のみ高校生を受け入れ、

4年目に入った今年から、小4を受け入れ可能にしました。

ですので、結構ハイペースで、学年だけ広げています。



あ、校舎は多校舎展開するつもりは、全くありません。

だって、「寺子屋」じゃなくなりますから(笑)。

今も厳密に言えば、テナント小屋ですがね(笑)。



というお話しをしていると、皆さん意外そうなお返事。

「結構長くやっているイメージです。。。」と。

これは嬉しいですね。

聞いていると、よく話題にあがっているそうです。

有難いお話しです^^



まぁ、いい評判ばかりではなくていいのです。

むしろ私は、早くアンチが出来て欲しいと思っていたくらいです。



幸い皆様、ブログを読んでくださっているようで、

寺子屋の考え方を理解していただけていると思うことが、多々あります。

そして私から見て、「えー」と思うようなご家庭や生徒からの問い合わせが、

めっきり少なくなって、

こういうご家庭のお力になりたいと思える方々からの問い合わせが多くなって、

すごく嬉しいです。



寺子屋はやっぱり、

レヴェルが違うんだよ.JPG

と、話題になるように、

これからも頑張ります^^




                          ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 寺子屋準備中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

レヴェルが違う長文読解


今晩は、本日も粛々。



今回の英語長文は、


英検準2級クラスの、ハイレベル長文・・・かつ、

内容も公立高校入試レベルをはるかに超える・・・かつ、

高校で習う長文読解方法を教えながら・・・かつ、

今まで教えた長文読解方法を復習・・・かつ、

実は、国語の読解方法まで復習になり・・・かつ、

とても珍しい論理展開パターンを見せ・・・かつ、

知的好奇心を刺激する内容



という、

珍しく(?)本気の授業でした。








まさに、








レヴェルが違うんだよ.JPG

レヴェルが違うんだよ!






という、授業でした^^

ろくに準備をしていなかった生徒は、前半10分で置いていきました(笑)。

ろくに聞いていない生徒は、遠回しに牽制しただけで、置いていきました(笑)。








だって、










レヴェルが違うんだよ.JPG


まぁ、しっかり復習だけはしておいてください。





ということで、

年に数回しかない、

とってもとっても気合を入れて、ポイントを力説するという、

要の授業でした^^



今回は、相当高い峰を見せたので、

今度からは基本から、その手前のレベルまで、

順番に上って行く練習です。



あー、楽しかった^^



                              ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

ハイレベルな人からの高評価


今晩は、本日も粛々。



先日の日曜に、自習に来ていた生徒たちに、

ちょびっと高校生たちと話してもらいました。


今のメンタル的な部分だとか、

勉強方法だとかについてです。



今までは、受験生の中でも、意識が高い生徒だけに絞って、

話す機会を作っていたのですが、

今回は、来ていた受験生全員に・・・

とはいっても、

2名ずつくらい話してもらったので、入れ替わりのタイミングが合わずに、

話せなかった人もいるので、その人たちはまたの機会に。。。



まぁ、こういう話は、

先生や友達より、

先輩からのアドバイスの方が心に響く場合は多々ありますね。



高校生(二期生)たちからは、

(自分たちの代と比べて)

全員の意識が高い!と、賛辞をもらいました。



どうでもいい人からの評価は、それこそどうでもいいですが、

素晴らしい生徒たちからの評価は、本当に嬉しいですね。



もちろん、だからといって課題が無いわけではありません。

すべての受験生が、最高の状態というわけではありません。

今いい状態だからといって、それが続くとは限りません。



が、少なくとも、

口うるさい私から見てもすごい生徒たちから、

評価される状態であることは、

まぎれもない事実です。



そして、そういう評価を受けて一番得しているのは、

君たちではなく、私です(笑)。



今いる位置をふみしめて、

また前に進んで行ってください^^



                       ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

もういっちょ^^


今晩は、本日も粛々。



もうひとつ観た映画があります。

バタフライ・エフェクトです。





バタフライ・エフェクト・・・

ささやかな出来事が、大きな事態を引き起こすということを比喩的に述べたもの。



こういうテーマでとっても好きな映画は、

ドニー・ダーコ

ですね。



いつか、映画を使った授業も、

ご披露いたしますね^^



それにしても、「ゆれる」もそうでしたけど、

予告編の作り方って、下手くそですね。。。

予告編を見ずに映画を観た方が、絶対楽しいと思います・・・。




                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ゆれる


今晩は、本日も粛々。



映画、好きです。

特に暗い映画が・・・(笑)。



最近の映画、特に邦画は説明過剰で、

敬遠していたのですが、

名作発見。





これは面白かった。

登場人物が、全て「ゆれ」ています。

そして何より、観る人の心が、ゆれてしまいます。



ちなみに主演のオダギリジョーさんが、

この配役の時に吸っていたタバコ、

私がいつも吸っているのと同じでした。


真似するなよーと思っていましたが、どうでもいいですかそうですか。




                               ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:57| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする