2013年07月30日

小学生の宿題


今晩は、本日も粛々。



こんな記事を見つけました。

小学生の夏休みの宿題、46%の親が"少ない"と回答。87%が宿題以外に学習


だ、そうです。



毎日勉強しているのは、48%で半分以下。

81%が、1日1時間以下。



いろんな意味で、すごいデータです。

にも関わらず、受験になってから「頑張れ」って言うんですね。

そんなに苦労が好きだなんて、

どMにしか見えなくなってきますね(笑)。




                         ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

やはり失業せずに済みそうです


今晩は、本日も粛々。



2ちゃんねるで、大学受験の生徒たちが、

国語の勉強法について語っていたのを、

他塾の先生から教えてもらいました。



いわく、



本を読むのが一番



だそうです。

やはり私は、しばらく失業せずに済みそうです(笑)。




数学や英語の点数の上げ方と、

全く一緒なんですがね。


むしろ聞いてみたい。

なぜ国語だけ、勉強法が異なる必然性があるのか?と。




                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 勉強方法について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

夏期講習スタート


今晩は、本日も粛々。



夏といえば・・・


フジロック!





G1クライマックス!







そして、


夏期講習!





                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

いよいよ明日から


今晩は、本日も粛々。



夏期講習がスタートします。

ちょっと遅めのスタートですが、

学校の宿題の履行状況からすると、良かったかなと思っています。


講習の前に宿題をある程度仕上げておいてもらうと、

塾の授業が、そのまま宿題の復習を兼ねられるわけです。


こうやって、

さくさく頑張った人には、より良い循環が生まれ、

後回しにする人には、より悪い循環が生まれるという、



社会の縮図が出来上がるわけです。



受験学年、非受験学年を問わず、

忙しい生徒もいるにも関わらず、

通ってくださることに、感謝です。


できない、やらない理由を探すのは、

実に簡単なことです。



ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

鋭意製作中


今晩は、本日も粛々。



実は今、書籍を執筆しています。

今年は多忙を極めているのですが、

さらにひとつ、敢えてお仕事を加えました。



8月に、2冊目の書籍が刊行されます。

ですので、通算3冊目になります。

発刊自体は、来年になると思うのですがね。

センター試験の国語に関する書籍です。

・・・といっても、

私は、中学生に教える国語は、

センター現代文8割超えを目標にしているので、

センター国語=中学生の国語です。



ね、

こんな簡単なテストを大学入試にしていること自体が、

おかしいのです。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

【お知らせ】合格本を配ります


今晩は、本日も粛々。


保護者会で、入試問題を分析しましたが、

どちらかというと、おおまかな、

全体像をお伝えしました。



もうちょっと細かい、

漢字が何点出てて、

記述は何点分出ていて、

分野ごとにそれぞれどんな特徴があって・・・



的な、内容が記載された、

合格本という名前の冊子を、



中学生全員に配っています。

気になる方は、要チェックです。



特に中1生は、

3年たまれば、超強力な武器になります。



なんせ、

中3生でも、

「入試にどんな問題が出るか知らない」

というのが普通ですからね。

ホントに受験すんの???って感じです。




                        ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

HEAT〜灼熱〜


今晩は、本日も粛々





盲目の黒人シンガー、

スティービー・ワンダーさんを久しぶりにニュースで見かけました。


彼の意見の是非はともかく、

ミュージシャンであろうが、何であろうが、

世の中に対して、きちんと発言する・立場を示すというのは、

ヨーロッパ・アメリカの、いい点だと思っています。


まぁ、欧米でも、

政治的な発言が多いから、そういうアーティストは嫌い!という意見もあるんです。

民主主義とは、

人々が多様な意見を持っているということが前提なので、

それも、アリなんです。


そして、欧米でも「政治と宗教の話は、もめるのでしない方がいい」という言葉はあります。

ただ枕言葉があります。

「職場やパーティーの席では」という断りです。



そういう意味では、こないだ参院選で

東京から出馬していた、三宅洋平さんというのは、面白い存在ですね。

こんなのが国会議員全員なら、ちょっと困りますが(笑)、

一人くらいいてもいいかもしんない。


断っておきますが、

私は緑の党の政策には、大部分賛成しません。

憲法9条も、

厳密な条件のもとに、ある一部分の変更だけしていいと思っています。



大学生の時、政治学科でした。

ゼミの先生から「将来区議に立候補しない?応援するよ」と言われ、

丁重に断りましたが(笑)、

その時に、「もし君が選挙活動するなら、どうやる?」と言われ、


「ポスターに、『騒音と金の無駄遣いの選挙活動はしない代わりに一票を』と

書いて、あとは一人でどさ回りだけします」

と言って、ドン引きさせたことがあります。


その時にやってみたいこととして、

「地方自治が『民主主義の学校』なら、区議選と市長選の時は、

 中学生以上19歳未満の選挙をやって(実際の選挙には無効ですがね)、

 選管も高校生なりが本当の選管をやったことをある人からアドバイスもらいながらやる

 という、模擬選挙を」と言っていました。


私が半ばギャグで言っていた選挙方法を、もっとスマートに実際にやり、

私が半ば本気で言っていた政策を、力を込めてやろうぜと言っている人を、

初めて見かけました。





日本も変わってきましたね。

決して嘆かわしいことばかりではないと思います。



                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

中1生の授業でした話


今晩は、本日も粛々。



ふたつ大事なことを言います。

ひとつは、選挙についてです。

今回の参院選、投票率が52%と、戦後3位の低投票率でした。

世代ごとの投票率はこれから出ると思いますが、毎回二十代・三十代の投票率は、

散々なものです。

2012年衆院選年代ごとの投票率




必ずしも、投票率が高いことが良いとは限りません。

独裁国家では、投票を半ば強制するケースもあるからです。


とはいえ、

政治家だってバカではありません。

票になる政策なら頑張りますが、票にならない政策を誰が一生懸命やりますか。

票のため、選挙のためというと汚く聞こえますが、

彼らは当選しないと失業するんですよ。
(もちろん、職を見つけるのは、普通より見つけやすいですが)


老人が60%〜76%も投票してくれるなら、

彼らに有利な政策しか考えないのは当然です。


今、君たちは20歳にならないと選挙権はもらえません。

ですが、今からニュースくらいは観て、

どんなことが話題になっていて、何がどうなっていくのか、

観ておいてください。



ふたつめ。

夏休みに入って、部活動はさすがに、少し緩くしてくれているところが大多数のようです。

勉強もたくさん、遊びもたくさんしておいて欲しいのですが、

ある程度時間がある時なので、本を読むことも少ししてほしいと思います。


本は何のために読むか?

国語の成績を上げるため?役に立つから?

違います。

楽しいから読むのです。


とはいえ、読書が楽しいと思っている人は一部だと思いますので、

読書が楽しくなるコツをお伝えします。


まず、夏休み中に一度、お家の方と本屋さんに行ってください。

小遣いで本を買うなら、それに越したことはありません。

そして、ぱらぱら手に取ってみて、

これなら読んでみたいと思うものを、3〜5冊購入してください。

マンガ・携帯小説・雑誌・ゲームの攻略本以外です。

どうしても興味が見当たらない時は、「夏の百冊」みたいなコーナーから選んでみてください。


購入した3〜5冊は、1週間以内に読破してください。

面白そう・読みたいという気持ちは、せいぜい1週間くらいしかもたないと思います。

鉄は熱いうちに打て。

中には、手に取った時は面白そうと思ったのに、ハズレにも出会うと思います。

そういうこともあります。

1冊でも面白ければ、しめたものです。

同じ著者のものや、似たような話のものを、また次買ってみてください。


私は、進学塾をやっているので、

塾長としての意見は「勉強ごときできない人間は、認めない」と言っています。

ですが、一個人としては、勉強ができなかった人や学歴の低い人は、

全くこだわりません。

ただ、一点、

本を読まない人間は大嫌いです。


本を読まない人間は、自分の経験でしかモノを語れません。

どれだけ壮絶な経験をしても、所詮は68億分の1です。



ニュースを観る

本を読む



この2つ、比較的時間のゆとりがあるこの夏休みに、

是非やりはじめてほしい事柄です。




                                ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

【お知らせ】面談について


21日に面談のご案内を全ご家庭にメールいたしました。

ご希望の方はお手数ですが、ご返信ください。


あ、最近入塾いただいたご家庭には、いろいろお話しするご機会が多かったので、

お送りしておりません。




なお、通常授業は24日(水)までです。




                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

1日5時間!?


今晩は、本日も粛々。



受験生が夏休みにする勉強時間、

1日あたりどれくらいが適切と考えますか?



いや、時間じゃなくて量が大事・・・もちろんそうですが、

客観的に見えやすい目安としてです。

私の頃は、8時間と学校から言われました。



今年は、1日5時間とか6時間とかが目安とのたまわっている中学校があります。




もうね、この時の失望感といったら、

その場で頭を抱えたくなりました。




私が生徒だったら、

夏休みに何時間やらなくてはいけない・・・その数字が妥当かはともかく、


バカにされている


と感じたでしょうね。

「お前らに8時間とか言っても無理でしょ?」と言っているようにしか聞こえません。



そして、フツーに、

それで239点の入試を乗り越えられるのですか?

と不安に思ったでしょう。


適切な勉強量を指示しなかったのに、

「高い志望校でギリギリ合格して、下の方にいるより、

 1つか2つ落として上の方にいた方がいいぞ」なんて、

言われて、はいそうですか・・・という生徒・保護者が、

あなた方が育てていきたい、日本の国民の姿ですか?



私は、

塾と学校は、少なくとも

生徒の学力を上げるという1点で、

仲間だと思っています。


民間のくせに偉そうに!と思うのならば、

吹けば飛ぶような、一援軍でも結構です。


ブログに書くべき内容でないことは分かっているのですが、

心の底から落ち込んでいます。





                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする