2013年04月01日

高級会員制クラブから大衆居酒屋へA

クラビズム.jpg

どこかに寺子屋が潜んでいます。

すみません、自慢が好きなもので・・・^^;




今晩は、本日も粛々。



本日4月1日で、寺子屋は無事3周年を迎えます。

昨年8月の、レオスタに登場した時にちらっとお話ししましたが、


私が「寺子屋」という塾をやった一番の動機は、

@大学時代の牧師さんとの語らい

Aマレーシアやカンボジアでの経験

が元になっています。


今日はAのお話し。



私が金沢市の塾に就職した年、

大学時代の友人が5月病にかかりました(笑)。

そこで一緒に海外脱出です。



マレーシアとカンボジアを、半バックパッカー旅行をしました。

クアラルンプールのヒンズー寺院をふらっとのぞいた時、

OLが仕事で嫌なことでもあったのでしょう。
帰り道にお寺で、ぼーっとしていました。

おじいちゃんおばあちゃんたちが、談笑していました。

サラリーマンは本を読んで、くつろいでいました。


日本のお寺を知っている私には、

衝撃でした。



日本のお寺は、ここまで生活に密着していません。

それでもこのあたりは、

コミュニケーションチャンスはたくさんあります。

ちょっと離れた金沢市ですら、

既に絶望的な状態で、都内になったらなおさらです。



もし、お寺で塾をやっていれば、

塾に通っている生徒たち、保護者の方々が、

少しはお寺を身近に感じてくれるのではないか。



それが、

将来的に独立して塾をやりたい・・・という私の夢と、

お寺を何とかしたい。

これを結んでくれました。


大学時代から考えていたことではあるのですが、

ようやく形が見えてきたのは、

独立する8年ほど前です。




                           ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする