2013年04月16日

流行と不易


今晩は、本日も粛々。



ITの世界は日進月歩。

私は個人事業主なので、発想としては大会社と真逆だと思います。

ただ、大手塾も経験しているので、

会社規模を大きくするためには、こういうことも必要なんだろうな・・・と、

少しだけ想像できます。



そんな私から見ても、

私自身が時代遅れなのでは・・・と冷や汗をかく記事を見つけました。



LINE、グリー、GMOのトップが激論――日本でイノベーションを起こすには?

イノベーションという言葉は、
新しいアイディアや技術によって、社会に新しい意義や価値を興すこと。
ととらえればいいかと思います。


>「日本はすごくいい国で、
>中途半端に経済規模があるのでここで満足してしまうことがある。
>自らが猛省すべきポイント。
>これからはどんどんグローバルを見て、高い成長を続けていきたい」

今、国内を見ると「日本はいい国だ」「ダメな国だ」と二極端の意見が多いです。
その「国」とは、政府・国民・風土・文化・・・何を指すのかあいまいなところも多いですが、
普通はこのように、「いい」も「悪い」も、
自分の中で同居することができます。



>「モノを作る、生み出すプロセスが変わった。ある程度ひな形を作ったらシステム化して、
>コストダウンをするというモデルだったが、今は工場を作っている間に世の中が変わってしまい、
>計画が立てにくい。日本はシステム化されたされたものに乗っかる人を育ててきたので、
>そこに我慢強いが、今は自分がシステムを作る人が必要」と答えた。

これは、私でもその通りと思いますね。
もっと正確に言うなれば、
今でも「システム化されたものに乗っかる人」が活躍できる場もたくさんあるんです。
ただ「自分でシステムを作る人」の活躍の場が、どーんと大きくなったという印象です。

そうでも言わないと、
「自分でシステムを作る人」=特別優秀な一部の人だけ と、とらえてしまいがちなんです。

私の身の回りでは、「自分でシステムを作る人」は、
小中学校で注目を浴びる人だったかどうかは関係ない場合もありますね。
むしろあまり目立ったなかった人の方が、活躍していますね。
あくまでも私の身の回りでは・・・ですが。

かほく市では「勉強ができる」ということがあまり評価の対象にならないので、
なおさらそうかもしれません。



>「(優秀なエンジニアが)日本から出てこないといけないというのは、
>愛国心なのか、心の問題かよく分からない。
>(そもそも)、どこにいても働ける仕組みはできている。
>日本の会社が海外のエンジニアをインターネット経由で雇う、
>逆に日本のエンジニアが海外のために働く。
>インターネット経由で、自分の家でという仕組みはすでにできつつある。」

大事なのは、ここですね。
>インターネット経由で、自分の家で働くという仕組みは既に出来つつあある。
このあたりが私も衝撃だったところです。

言われてみれば、納得です。
もう10年以上前に、在宅で録音して、メジャーデビューするミュージシャンも
出てきていますから。

だからと言って、協調性が不要であるとか、ひきこもっていていいとか、
そんなことを言うつもりはありません。

ただ、それくらい、
もう世の中が多様化していることは、
大人ほどピンときていないのではないかと思います。



>みんなが変になる必要はないが変な奴を応援することだ。
>日本の変なやつは、世界的に見てもすごい。

私は「人と違うことをやれ」と言われて育ってきましたが、
その言葉の意味は「人と変わらないふりをしながら」という言葉が前半に隠れていたんです。
それに気付いたのは、長い長い葛藤を経てからでした。
今は、「普通であるふり」が、そこまで大きく必要が無いのかもしれません。



世の中は、いつの時代も、大きく変化しています。

時代によって、脚光が浴びやすい人、そうでない人も、くっきり分かれます。

しかし、時代がどんなに便利になっても、変化しても、

それを支えるのは人間なのです。



テストの点数を取る

そんなひとつの行動にも、人間があふれています。




                           ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

好奇心


今晩は、本日も粛々。



春期講習明けの学力テストで、

90点くらいを毎回取れるようになってきたので、

もっと難しいBテストをやってみたら?と声をかけた子がいました。


そしたら、今まででさえ頑張っていたのに、

目を輝かせて取り組んだ子がいました。


結果は明白。




伸びる生徒の特徴を、一言で言えと問われれば、

★好奇心

でしょうね。



二通りあって、

頭を使うこと自体を楽しめること。
(難しい問題に生き生きとしたのは、この現象面でしょうね)

知らないことに、関心が持てること。



えてして大人になると、

この逆の方が増えるのです。



なるべく考えない、楽な方がいい。

知っているものにしか関心が無い。
(まぁ、カラオケに行ったら「みんなが知っている曲を歌わないと!」とか、典型的でしょうね。
 場の雰囲気を盛り上げたい気持ちを、強迫観念や行動規範にまでする必要はないですね)



そういえば、

「スマホを持つ君へ〜ママと君とのスマホ18の約束」

という記事を見つけました。



携帯・PC・スマホ・ipad touch中毒になっている

中高生は数知れずいると思いますので、その対策にはオススメですが、

今回はそこに焦点があるわけではなく、



その好奇心を育むことができるような、

私のような子どもの周囲にいる大人とは、どんな大人なのか。。。


>写真やビデオはたくさん撮らないこと。すべてを記録する必要はないの。
>それよりも経験を大切にして。それはあなたの記憶に永遠に残るものなのよ。


>あなたの世代は歴史上でもっとも音楽に
>触れることができる世代。その恩恵を受けて、世界を広げてね。


>グーグルで検索しないで感動できることを探しなさい。



こういう文言を、

深く深く自分の中に落とし込めるようにしていかないと。


今、私が置かれている状況は、

何をやるにもあったものが無くなっていて、

不自由していることすら、当たり前になっていて気付かない。

そんな状況ですので、

特に自戒するために使おうと思います。




                             ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

外の世界


今晩は、本日も粛々。



私は集団行動が苦手です。


人とずっと一緒にいるのが、好きではないですし、

人を基準に、自分の行動を決めて、後悔したことの方が圧倒的に多い。



それにも関わらず、

私は、塾同士のつながりを、意識的に大切にしています。



私はシンプルに思います。

塾の先生として優秀ならば、優秀な生徒たちが育つはず。

経営者として優秀ならば、優秀な経営者たちに囲まれるはず。



だから、

私がこうありたいと思うつながりは、

一匹狼同士だからこそつながれる、つながり方なんだろうと思います。



こういうつながりにこそ意味があるのでは。

私の直感が、

そう告げています。



                     ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

新たな冷戦


今晩は、本日も粛々。



北朝鮮がミサイルを撃つかもしれないとのこと。

アメリカがやたら煽っているだけのような気がするので、
ちょっとトーンダウンして見た方がよさそうなのですが、それはともかく。

韓国はもともと、
国民の7割くらいが核武装に賛成しているそうで、

日本も改憲がなされれば、核武装するでしょう。

すると中国・ロシアの反発は必至。

この構図、どこかで見たことがあるなと思ったら、



小学校の時、

世界は「冷戦」という、

アメリカとソ連の核武装・宇宙開発競争でした。


【世界の核爆発地図】1945年〜1998年



まさか新たな冷戦を、この眼で見ることになるとは・・・。

前の冷戦は、資本主義対社会主義という、イデオロギー対立でした。

そしてその終焉は、ソ連の方の資金力が先に尽きた、というだけでした。


大学時代の後輩が、小粋なことをFBに書いていたので、
少しアレンジして、結びにします。



ミサイルは飛ぶかもしれない。

だけど、私たちの音楽は鳴りやまない。

みんながやりたいことを、やるべきことを、粛々と。




                           ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

ゆとり世代が問う「好きなことをやって何が悪い!」


今晩は、本日も粛々。



面白い記事を見つけました。

灘高校に通うデジタルクリエイター アブノーマルを求めて


>「勉強だけでアブノーマルになっても、灘中学校の中では生きていけない」と気付いた

これは泉丘や附属でも同じですね。
ましてや、灘高・灘中ならなおさらでしょうね。


>「人生というのは1つの具体的な目標を達成するものではない。
>失敗するかもしれないし、成果は出ないかもしれない。
>しかし、人生の一番最後に全部足し合わせて、ゼロより大きくなったらそれでいいじゃないか。
>それは、『できた』ということだ。
>だから、1つ1つの失敗を気にするのではなく大局的に人生を見たい。
>ほかの人を巻き込んでもいい。自信の先に答えはある。失敗してもいい。
>いったん失敗して醒めたものには、経験がある。それがいつか役に立つかもしれない。
>だから、醒めることは怖くない」

高校生が言う言葉ですかね?(笑)
若いうちはもっとニヒルなものかと思っていました^^;


>「確かに、ぼくの自信に根拠はない。では、皆さんの不安に根拠はありますか?」

うん、素晴らしい。



自分という根っこが無い人間が掲げる「好きなこと」は、
「今だけ」にしか根ざしていないことが多い。

だから同じパソコンや、タブレット端末を持っても、
せいぜいがメールや、アメブロや、ネットゲームだったりする。


自分の過去やルーツとも、
今の悩みや、葛藤とも、
未来の不安や希望とも、

何も結びついていないからだ。


「好き」を掘り下げるだけでいいのにね。



                              ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(2) | 教育情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

【お知らせ】学力テスト採点について


今晩は、本日も粛々。



学力テストの答案、

全ての塾生に配ってあります。



採点ミス等ありましたら、

4月17日までに答案と一緒に持ってきてください。

よろしくお願いします。




                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:19| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

【お知らせ】授業スキルコンテストのご案内


今晩は、本日も粛々。



保護者の皆様にお送りしたメールです。
届かなかった方もいらっしゃるので、
念のためブログでもお知らせいたします。



お世話になっております。
保護者会でお伝えしたとおり、
4月に第4回全国授業スキルコンテストがございます。

主催者高嶋先生からのご挨拶です
---------------------------------------------------------
はじめまして。

学習塾の経営支援を生業とさせていただいております高嶋と申します。

この度、当方が主宰しております「授業スキルコンテスト」を
進学塾寺子屋本楽寺様にて開催させていただく運びとなりました。

※第2回の岡山大会では、根保先生が優勝しております。

過去の開催は、全て塾の先生が採点しておりましたが、今回は、
生徒の皆さん、保護者の皆様に採点をお願い致したくお願い申し上げます。

全国の優秀な塾長さんが集まり、その授業の腕を競い合います。

授業の内容は、生徒の皆さんに役に立つ内容と指定しております。
ご参加いただき、楽しみながら、皆さんの学力アップの一助となることを
願っております。お気軽にご参加いただければ幸いです。

詳細は、根保塾長さんより連絡があることと存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

株式会社ジェイステージ 代表取締役 高嶋竜慈

--------------------------------------------------------------

その観覧・採点者を、保護者の方の中から募集いたします。
授業は新中3対象の内容となっております。

お越しになりたい方は、こちらのメールにご返信ください。
参加したくない方は、特に返信の必要はございません。
先着10名前後で、募集を締め切りいたします(メールでお知らせいたします)

ご興味ある方がいらっしゃいましたら、
是非お越しください^^

私も全国の猛者に胸を貸してもらうつもりで、授業を行います。
(採点対象外です。どうしても有利になってしまうため)

4月21日(日)14時30分〜16時30分ほど
場所:進学塾寺子屋本楽寺




                            ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 20:02| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

今日から通常授業スタート


今晩は、本日も粛々。



当初の予定では、

春期講習が終わったら、落ち着く予定だったのですが、

なかなかそうはいかないものです。

ぐぅ。



特にお寺方面で、

12月からのバタバタで見えなかった問題が

わっさり降ってきました。


再建の問題が遅々として進まないことも含めて。


その解決に、しばらく奔走しなくては

いけなさそうです。



・・・と思っている矢先、

何とか頑張る意向が見られ始めている子たちも

ちらほらでてきている、ウチの4期生たち。




散々迷ったあげく、

やっぱりみんなの頑張りに期待をしたいので、

新中3生を怒り飛ばしました。



今回の学力テストはそこそこ難しかったので、

そこまで四の五の言う必要は無いのかな、


いや、入試問題が難しくなっているからな、


成績伸びた子には、喜びに水を差し、

反省している子には、追い打ちになってしまうのかな。


でも春期講習の雰囲気は、

頑張っている子と、そうでない子が二極端だったしな。




ずっと悩んでいたのですが、

苦労した3期生が、一生懸命勉強している様子。

2期生・1期生とちょっと立ち話をして、勉強や将来への展望。

1期生からの受験生への、

数々のいい思い出や、受験指導での後悔。



いろいろ並べていたら、

やはり、「すごい受験生」になってほしい。

できれば、全員に。

しかも、受験に切羽詰まった時期にではなく。



そして、やる気マイナス傾向の子にではなく、

プラス傾向の子に合わせるのが、本筋。



たかが、高校受験。

そうかな。

おそらく初めて、

自分で自分の、将来の道を決める機会。



乗り切れたか乗り切れないかじゃなくて、

どう乗り切ったかに

こだわりたいし、

こだわってほしい。




                             ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 02:55| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

震災後の義援金


今晩は、本日も粛々。



東日本大震災、

石川県に生きる我々には、

リアリティが少ない出来事かもしれません。



震災後の義援金、米と台湾が最多 最貧国30カ国からも



オマーンやアルジェリア、

どこにあるかご存知ですか?




台湾が「国」として扱われていない理由、

ご存知ですか?




これらの国の人たちと出会った時に、

ありがとうと言えますか?




ほら、知と心は、

こんなにも近くにある。




                              ごんぼっち



posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | よのな科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

Rock


今晩は、本日も粛々。



ロックをこよなく愛する私ですが、

そこまでロックっぽくないとも、

よく言われます。



想い深くあるも、

その成敗を問わず。



まして毀誉に惑わず。




君、ひとりぼっちに強くあれ。




私の尊敬する師、

上田薫先生の一節です。




戦争を経験した、師から、

「うん、あの子は根性があるね」

なんて言ってもらえたこと、

今でも私の大切な一言になっています。




火事に合った後、

大変なのはこれからかもしれないけど、頑張ってね

と仰ってくださる方が、

何人か。




そうか、こういったことか。。。

周りの人には、

もう過去の出来事なんですね。

私には現在進行形の問題なのに。




どんな窮地に追い込まれても、

絶対にやりたいことはあきらめない。

絶対にね。



そう考えると、

どんな状況でも、わくわくしてくるのが、

性分なんです^^



それが、私なりのロックの精神。



                               ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | ちょっと思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする