2019年03月17日

頭が良い子


今晩は、本日も粛々。


今年も新高一恒例の、映画で授業をしています。
安定の人気で、LEONとラスト・サムライを終えました。
寺子屋開校1期生からやっているんですが、
日頃の授業のしかたや、
生徒との接し方、
生徒の採用のしかたを見直すきっかけとなったのが、
この映画で授業するときの、
生徒たちのリアクションだったかもしれません。

地頭が良い子は、やはりリアクションがいいです。
映画が好き・嫌いは、あまり関係がありません。
むしろ中学生までで映画が好きな生徒は、
あまりいませんから。

そしてその映画を気に入る・気に入らないも、
あまり関係がありません。
気に入らなくても、鋭い批判を言う子も今までいましたから。

感想みたいな文章には、
その子の知性と感性がそのまま出ます。

そういえば1期生で、ラスト・サムライを観た後、
非常に鋭い感想を書く子がいました。
その子は、勉強が好きなわけでもなく、
知的好奇心も旺盛とは言い難い子だと思っていたのですが、


結局、ラスト・サムライって、誰のことだったんですか?


なんて、思わずうーむと唸るようないい質問を書いていました。
その子が高等部に継続してくれたのも不思議でしたが(笑)、
律儀に約束を守り続け、
やりたいことをきちんと見つけ、
獨協大英語科(石川県ではメジャーではないかもですが、私立英語科では、
定評があるところのひとつ)に、
合格していきました。

それが、
映画のストーリーが全く追えない、
あらすじを言ってから観せてもわからない、
こういう生徒が一定数になったときに、
まずい、と思いました。

点数バカ、偏差値バカを育ててはいけないと。
地頭の良さを、どうやって身につけてもらうか、
それを試行錯誤すると、
自然に毎年半数前後が附属泉丘に合格するようになっていき、
上位校であればあるほど合格率も高くなっていきました。


ごんぼっち


posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

寺子屋9期生公立高校入試結果


今日は、本日も粛々。


今年は寺子屋史上、ダントツで意識が低い学年でしたが、
後半上り調子で、チームワーク的には非常にまとまっていたと思います。
特に、人柄がしっかりしている子が多く、
思わず応援をためらってしまうような、
利己的な子、
上昇志向の無い子は、
ひとりもいませんでした。
そういう意味でとてもやりがいがある学年でした。

附属高校  1名/1名
泉丘理数科 1名/1名
泉丘普通科 1名/1名
二水高校  1名/2名
桜丘高校  0名/2名
七尾普通科 1名/1名
七尾文フロ 1名/1名
羽咋高校  1名/1名

いつもは危ないなぁと予想していた生徒が、
まさか合格するということが多いのですが、
今年は、塾としてはあまり記憶にないのですが、
合格すると信じていた生徒が落ちてしまうということがありました。
特に、成績が伸びて、
志望校を上げた生徒が不合格というのは、
18年で初めてです。
大反省です。

成果としては、確実に偏差値70以上をとれ、附属泉丘理数科の攻略がイメージできた。
国語だけを指導して、全教科を上げる方法で結果が出た。
などなど、
いろいろあるのですが、
それはさておきまして、寺子屋開塾以来年間の累計です。


寺子屋9年間累計

県外2名5校 灘、東大寺、西大和、鹿児島ラサール、関西創価
附属2名
泉丘27名
二水16名
石川高専6名
桜丘12名
七尾15名
羽咋12名

来年の受験は節目の10年目です。
10年で30名の附属泉丘が出せないようなら、
進学塾ではないなぁと、勝手にずっとイメージとして抱いているので、
これは何とかなりそうなのですが、
最低限度をクリアしてもしょうがないですので、
少しでも理想としているイメージに近づけるよう、
気合入れ直していきます。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 16:34| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

これは嬉しいです


今晩は、本日も粛々。


これは水です
これは水です


私も妻も読んで、とても感動したこの本、
卒業スピーチだけあって、
中3・高3・大4の読者からの反響が大きいようです。

これを寺子屋生の中3・高3の生徒たちに、
お配りできることになりました。

ということで、
今日から皆さんに。

オファーくださった友人に、
とても感謝を込めて。



マイアミ!(笑)



ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

なぜその大学に行くのか


今晩は、本日も粛々。


寺子屋初の東大現役合格でました。
中1から中3までの間は、


偏差値70以上限定塾長個別指導


で、やっていました。
個別指導って、前職の塾で個別指導部長なんて職務にありましたが、
集団授業に合わない生徒が受講するところ、、、
なんて間違った認識です。
集団のカリキュラムに物足りない子に一番合います。

それはともかく、
その生徒はずっと成績優秀でしたが、
私から評価が高かったわけではありません。

知的好奇心、
考え方の成熟度合い、
なぜその高校や大学に行くか?みたいな部分が、
成績の割に物足りなく感じていたからです。

いい高校、いい大学に合格するのはどうでもいいのです。
問題は、その高校・大学の、
格に合う生徒まで、成績以外の部分でも育てられるかどうかです。

最近、高等学校でも、
そこをはっきり追究しないがために、
受験勉強の後、
伸びきったゴムみたいになる生徒が多いのです。

特に地方から有名大学に進学した生徒は、
東大出身・京大出身者に聞いても、
大学についていけない生徒が多いそうです。
(早慶程度なら、まだ事情は異なるかもしれません)

地方出身者の能力より、
それまで関わってきた大人の考え方のせいで、
大学の勉強についていけない、
勉強を通してやりたいことを見つけられない、
学びから逃走する生徒たちを輩出してしまうのではないかと、
ずっと思っていました。

ですから、正直、この生徒が東大に合格した、というのは、
どうでもいいのです。

その生徒が、成績だけは一丁前の状態から、
自分のやりたいことを探したり、
なぜその大学に行きたいかを考えて選び、
その大学に進学することができたのが嬉しいのです。

そういう意味では、
今年の大学受験で、

筑波大学、都留文科大、星稜大、二松學舍大の進学が決まっていて、
まだ進学先未定が2名と、浪人が1名という状況ですが、
東大合格も彼らも、
等しく価値があると思っています。

それは全員に対して、
なぜその大学に行くか、
どう勉強を楽しむか、
なぜもっと勉強がしたいのか、
その部分をしつこくしつこく説いてきて、
彼らは誤魔化すことなく立派にそれを、
調べたり悩んだりしてくれました。

ですので、
偏差値だけで大学を選んだ子たちのように、
簡単に折れるような生徒、
学びから逃走する生徒にはなっていないと、
勝手に思っています。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:58| Comment(0) | 寺子屋の指導 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

【お知らせ】春期講習について


今晩は、本日も粛々。

春期講習の要項を本日からお配りしています。
お手数ですが、ご確認を宜しくお願いします。

春期の準備・新年度のスタートとで、
忙しい日々を過ごしています。
また今年度途中・来年度で新しいことをいくつか始めるので、
その準備でも。

体力はかなりある(らしい)のですが、
さすがに衰えを感じます。

春期講習を受講する塾生以外の一般生は、
新中1は来週半ばまで、
他の学年は再来週半ばまで受け付けます。

毎年のごとく、
高3・中3が卒塾する分は塾生が埋まりました。
こういった運営ができることに、
毎年感謝しながら、
粛々と合格発表を迎えたいと思います。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 20:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする