2017年03月28日

残席状況4月以降


今晩は、本日も粛々。


おかげさまでたくさんのお問い合わせをいただきまして、
満席の学年が多くなってきました。

新中3生
毎年のことですが、6月で募集〆切。
夏期講習前まで塾生や保護者の紹介に限り受け付けます。

新中1生
夏期講習からの募集まで満席です。
とりあえず中学生になったから塾でも・・・という方は寺子屋は合わないと思います。

新小6生
春期講習の募集で満席となりましたが、
中学生の下ごしらえとして小学生のうちに面倒見れた方が我々も助かるので、
少しずつ増席します。

新小5生
春期講習の募集で満席となりました。
これから様子を見て増席します。

低学年
ほぼ満席となっております。
曜日や時間帯が限定されますが、それでもよろしければ若干名でしたら、
ご案内できます。


                                  ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 残席状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

受験の手ごたえ


今晩は、本日も粛々。


春期講習でてんてこ舞いです。
下剋上受験がドラマ化され、それの最終回が終わったそうですね。
私はテレビを持っていないのでよくわかりませんが。

その子にとって受験がいいものであったか、悪いものであったか。
この物語の子どもにとって、最高の受験であったと以前書きました。→こちら
その証拠となる決定的な一言を、受験した娘は述べます。
ドラマではどう表現されていたか分かりませんが、
本では、受験前日にこう娘が言います。


「結構楽しかったね」


この一言が、決定的な一言です。
合格したから良かったとか、そんなのはまぁ普通です。
合格という功利性だけでなく、
その子が受験をどう乗り越えたかのか。
この一言が出てくれた場合が多いと、
私が塾を運営していて、成功した学年だと考えています。

難しいですがね。

受験が成功したと手ごたえを感じる一言は、
もうひとつありますが、
それはまたいつかの機会に。


                            ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

知のスレッジハンマー第3弾


今晩は、本日も粛々。

塾や予備校講師をした後、イスラエルに旅立ち、
なぜかイスラエル軍にまで入隊してきた方が、その旅の様子と、
そこから勉強を頑張ることの意味を話してくれました。

IMG_2094.JPG

普通に日本に暮らしているとピンとこないので、その埋め合わせということで、
若干、ユダヤ人やユダヤ教のお話や、
イスラエル建国のエピソードがありましたが、
そこで挫けた生徒もいたみたいです(笑)。
それもまた良し、いつかわかる時がきます。

命の危険や財産を奪われる危険に怯えることなく生活できる人間が、
実はごく僅かであることは、中学生や高校生にとって衝撃だったようです。

その時は触れませんでしたが、でもこうとも言いたい。
確かに日本と比べたら危険かもしれないですが、
見せてもらった写真のイスラエル人や、イスラエル軍の若者たちは、
皆笑顔だったでしょう?
死を考えざるを得ない悩みの深刻さや、
イスラエル自体が矛盾だらけの国だけあって、複雑な感情とも向き合うでしょう。
それでも笑って生きているところに、
安全・危険みたいな点を超えて、国家同士の対立に翻弄される愚かさを超えて、
人間の凄さを感じてくれたならなぁとも思います。


ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

寺子屋の中学生への指導方針


今晩は、本日も粛々。


新中1対象の保護者会を、生徒同伴で実施いたしました。
アンケートを拝見していて、ひょっとして寺子屋の意図がうまく伝わっていないかもと
思った記述がいくつかありましたので、補足をいたします。

寺子屋は450点以上、学年10位内を目指す塾だと話しました。
しかし、500点や学年1位にこだわるつもりはありません。
だいたい、
学年5位内くらいを安定して取れるようになれば、
特に何か言う事はありません。

寺子屋卒塾生で、附属より偏差値が高い高校に進学した子たちや、
泉丘首席合格した子などなどおりますが、
彼らは公立中学校で学年1位をずっととっていたわけではありません。
中3のときでしたら、
1年で少ない子で3〜4回くらい、多い子で半分くらいでした。

勉強の面白さのうち、
「いい順位や点数を取る」という面があるのは確かですが、
例えば、460点から480点に上げようという勉強は、
ミスをいかにしないかという勉強になります。
これって、とても苦痛で生産性が乏しいと思うのです。

それでしたら、深堀りの勉強をした方がいいと思うのです。
先取りではなく深掘りです。
もっと難しい問題を解く?
それもひとつの手段ですが、もっとたくさん方法がありますよ。

公立高校入試を受ける地方都市の子は、それだけで1年以上遅れスタートです。
附属泉丘の旧帝大合格者の半分は浪人です。
「ここまでの勉強でいいですよ」と歯止めをかけると、
この遅れに拍車をかけてしまいます。

余熱で点数を取る。
今まで寺子屋で活躍してきた子たちは、
勉強を楽しみながら、結果を残してきました。
ただし、
この楽しいはテレビのような楽しさではありません。


                                ごんぼっち

posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 寺子屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

バカッター

1701チラシ.JPG
新中1以外の春期講習生を募集中です。


今晩は、本日も粛々。

埼玉で個人情報漏えい事件がありました。
http://www.asahi.com/articles/ASK3H32ZWK3HUTNB002.html
素行に問題がある生徒の氏名や素行不良の内容などを期した紙を配り、
後日ネットにアップされていると抗議を受け、問題が発覚したとのことです。

知り得たことをネットにアップして平気というのは、
この素行不良の生徒たちや、
個人情報への認識が甘かった学校以上に愚かだというのが感想です。

私も含めて、
塾の先生はこういう一般常識みたいなことにいい加減な人が多いですから、
他山の石としなくてはいけません。


ごんぼっち
posted by ごんぼっち at 23:59| Comment(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする